銀行系のゴールドカードにメリットはある?メインバンクがあれば持つべき理由

今や星の数ほどあるクレジットカードですが、銀行がその発行母体となっているタイプのものに銀行系クレジットカードがあります。この銀行系のクレジットカードを愛用しているという方も多いところですが、その中でも更に上のランクである「銀行系ゴールドカード」を持っている方も当然おられます。では、そんな人達はどういった所にメリットを感じてゴールドカードの中から更に銀行系のものを選び、所有しているのでしょうか。今回は銀行系カードを持つことで得られるメリットを解説し、さらに現在人気の銀行系ゴールドカードをご紹介しますので、興味のある方は最後までお読みください。

そもそも銀行系カードはどんな人にオススメ?

銀行系カードと普通のクレジットカードの違い

そもそも、銀行系クレジットカードとは具体的にどういったものを指すのでしょうか。

これはそれぞれの銀行が発行しているクレジットカード全般を指す言葉で、多くの場合は銀行で口座開設をしたり各種取引をするときに窓口で「お客様、ご一緒にこちらのクレジットカードの発行はいかがでしょうか?」と聞かれたりするのが発行のキッカケというケースが多く見られます。

もちろんネットから申し込みが可能な銀行系カードもありますが、多くの場合はやはり銀行窓口などで最初に知ることになる傾向にあります。

今回は大手銀行が発行しているクレジットカードについて紹介していますが、もちろん地方銀行などで発行しているキャッシュカード一体型のクレジットカードもこの部類に入りますよ。

基本的にはメインバンクがクレジットカードを発行している人にオススメ

では、銀行系カードを持つと良いのはどういった人なのでしょうか?

これはやはり、そのクレジットカードを発行している銀行に口座を持っている、あるいは何かしらローンや定期預金などの取引があり、その銀行をいわゆる「メインバンク」にしている人ではないでしょうか。

通常の楽天カードやイオンカードがそれぞれ自社系列のサービスを利用すると、利用しただけ一定の還元率でポイントをもらえるようなシステムになっているのと一緒で、こちらも発行している銀行の取引に関して「当行発行のクレジットカードをお持ちの方にはこんなメリットやサービスを提供しております」と、ある程度独自のサービスを展開していることがほとんどとなっています。

日常生活においてメインバンクと取引をする、となると何かと手数料だったり、小さい所では駐車料金などで細々と支出がかさんでいきますよね。その負担がこの銀行系カードを持っているだけである程度、何かしらの方法で還元されるとなればやはり持っておきたいところだと言えますね。

かさばる財布の中のカード枚数を減らしたい人

突然ですが、ここで質問です。

あなたのお財布には今、何枚くらいのカードが入っていますか?そして、お財布は現在カードなどでパンパンになっていませんか?あるいは、持ち歩くべきカード類が多すぎて、別にカードホルダーを持たなければならない・・・という状況になっていませんでしょうか?

銀行系クレジットカードは、これらの問題についても解決の一助となってくれるのです。一般的にプラスチックカードの厚さは0.8ミリ程度と言われていますが、これが何枚も重なってくると財布の中でパンパンになってしまい、更にはカードを取り出そうとするときに勢い余って爪をガリっ!とケガしてしまったり、あるいはそもそもカード自体が圧力に耐えられなくなって割れてしまったりと、何かとよくありませんよね。特にレジなどで急いでいる時にカードが出てこないと、ものすごいストレスになってしまうのではないでしょうか。

そしてこういったカードは往々にして

  • 銀行のキャッシュカード1
  • クレジットカード1
  • 診察券
  • クレジットカード2
  • 銀行のキャッシュカード2

の様に、どれも利用頻度が高くて重要なものだという事情もあいまって中々財布から抜くことも出来ないのがネックですよね。

しかし、銀行系クレジットカードを持っていればそういった心配ともオサラバなのです。

というのも銀行系クレジットカードはほとんどのケースでその銀行に開設している口座のキャッシュカードと一体化することが可能となっています。つまりレジで通せばクレジットカード、銀行ATMに入れればキャッシュカードと、シチュエーションに応じて役割が変わることになっているのです。

そうなればもうキャッシュカードとクレジットカードをそれぞれ2枚ずつ持つ必要がなくなりますので、この忌々しいお財布問題からは解放されるのです。事実、ここを目的として銀行系クレジットカードを持とうという人も多いんですよ。

派手なメリットという訳ではありませんが、日常生活を送る上ではこういった地味なメリットが、後々光ってくるものです。

将来その銀行でローンを検討している人

また、銀行系クレジットカードは発行会社が銀行本体となっていますので、その利用実績や支払状況などのいわゆる「クレヒス」はそのままダイレクトに銀行へ流れていきます。一般的にクレジットカードの利用履歴はその人の生活状況や経済状況をより鮮明に反映するものですので、紙の上の無味乾燥な支払情報(個人信用情報機関からの情報)よりは詳細にその人の経済状況を銀行側が知ることが出来るという側面もあるわけです。そして何より、自社のクレジットカードを定期的に使っていて手数料を落としてくれている訳ですから、お得意様であることは間違いありませんよね。

そうなると、もし将来的にその銀行で住宅ローンや各種目的ローン、あるいはカードローンなど、各種ローンを申し込むという場合にはこの情報が大いに役立つケースが多いのです。

銀行側としても全く過去に取引のない、いわゆる「ド新規」のお客様よりはこういったクレジットカードなどの利用実績が分かっていて生活実態を掴めているお得意様の方が、各種融資の審査では有利になるように扱う事が多いのです。

その為、この部分を主な目的としていわば「融資のための下地づくり」も兼ねて銀行系クレジットカードを持つという事も充分に有意義な使い方です。

ゴールドカードで銀行系のカードを選ぶメリットは?

ゴールドカードの中でも高いステータスを持っている

では、そんな銀行系クレジットカードの中でも更に上位のゴールドカードを選ぶメリットというのは、どういった所にあるのでしょうか?

まずはやはりそのステータスではないでしょうか。一般的にゴールドカードといえばステータスが高い事が大きな特徴ですが、最近は様々なカード会社から様々なゴールドカードが発行されており、中には格安ゴールドカードと言われるあまりステータスの高くない、カジュアルなゴールドカードも存在するなど、ゴールドカードの中でもランク分けがなされて来ています。

それと比較すると銀行系カードは元からそのステータスが高く難易度もやや厳し目と言われていますので、そのさらに上級のゴールドカードともなればそのステータス性には誰もが文句の無いところですよね。

銀行系カードでクレヒスを積むために限度額を上げられる

また一般的なカードと比較しても、ゴールドカードは最初からその限度額が高く設定される場合が多いのも特徴です。一般的なカードの最高上限額が100万円だとしたら、ゴールドカードの場合は200万円までになっているなど、その限度額の伸びしろもゴールドカードの方が高いというのも見逃せない事実です。

そして、将来的により良いクレヒスを積むためには「多く使って多く支払う」、つまり多くの額を使ってきちんと返済を続けることが一番の極意です。

そのため、最初からある程度高い限度額に設定されている、あるいはその限度額の伸びしろが大きいゴールドカードはクレヒスを積む上でもオススメなのです。

さらに上のステータスのカードを目指せる

これが一番大きなメリットになりますが、銀行系クレジットカードにはゴールドカードより上のプラチナカード、ブラックカードが用意されているケースが目立ちます。これらのカードはそもそも一般からの申し込みには一切対応しておらず、全てインビテーションが必須になっています。そして、そのインビテーションを受け取る為にはまずこちらのゴールドカードを持って利用実績(クレヒス)を詰み上げていくという事が絶対条件になっているのです。

なので、ゴールドカードから上のランクのカードを将来持ちたい!という人にはこの銀行系ゴールドカードがプラチナ、ブラックへのカギとなっているため、まさにうってつけなのです。

人気の高い銀行系ゴールドカードはどれ?

三菱東京UFJ-VISAゴールドカード

では、具体的に人気の高い銀行系ゴールドカードにはどのようなものがあるのでしょうか?

一番最初にご紹介したいのが、こちらの三菱東京UFJ-VISAゴールドカードです。こちらは三菱東京UFJ銀行が発行しているクレジットカードで、本人会員で10800円、家族カードを発行する場合は2名以上は1名あたり1620円の年会費がかかるという正真正銘のハイステータスな1枚です。

しかし年会費については年間のショッピング利用分が100万円以上になると翌年無料となりますので、メインバンクを東京三菱UFJ銀行にしておき、更に買い物や各種支払などもこちらのカードにしておくと比較的用意に年会費無料のラインまで到達することが可能ですね。

さらにポイントについても現金でキャッシュバックを受けることが可能となっているなど使い勝手も良く、ゴールドカードならではの海外旅行傷害保険や空港ラウンジ利用権もバッチリ付帯しています。

みずほマイレージクラブカード ゴールド(UCカード ゴールド)

こちらはUCカードがみずほ銀行と提携して発行しているクレジットカードとなっており、みずほ銀行に口座を持っている人であればその口座のキャッシュカードと一体化したクレジットカードを発行することが可能となっています。

このカードさえあれば、取引状況に応じてみずほ銀行ATM、またはダイレクトサービスを利用した際の同行宛振込手数料が無料になるという得典が付いてきます。

さらに年間100万円以上ショッピングを利用している場合には月に4回まで他行宛の振込手数料も無料になるという嬉しいサービスまで付帯してくるというのですから驚きですね。

メインバンクにしている以上は何かと銀行振込を利用する機会も多いでしょうし、振込手数料は他行宛だと600円近くかかるケースも多いため、月4回無料というメリットを最大限活かした場合には600円x月4回x12ヶ月=28800円もおトクになるのです。これは非常に嬉しいポイントではないでしょうか。

もちろん、こちらのカードにも空港のUCゴールドラウンジ利用権や旅行時の保険についても自動付帯となっています。

三井住友ゴールドカード(VISA、MasterCard)

三井住友銀行を同グループに持ち、VISAブランドについては国内でプロパー的な役割を担う三井住友カードが発行するゴールドカードがこちらのカードになります。国際ブランドについてはVISA、MasterCardから選択、あるいはその両方を所有することも可能となっています。やはりプロパー的なカードのゴールドですからその威光はもはや眩しいくらいの物があり、当然の様に国内外の主要空港のラウンジサービスや最高5000万円の国内外旅行損害保険が付帯しています。

さらに医師による24時間365日のドクターコール24も利用可能となっているなど、一般的なゴールドカードよりも手厚いサービスが特徴となっています。

SuMi TRUST CLUB ゴールドカード

三井住友トラスト・グループが発行するこちらのカードは有効期限なしの無期限ポイントプログラムを導入しているなどゴールドカードの中でもポイント還元に力を入れているクレジットカードです。

入会時には目安として25歳以上、年収400万円以上という基準があるものの、ゴールドカードの中には30歳以上から申し込み可能といったものもありますので、それらと比較すると若干申し込みのハードルは低めといった様相を呈しています。

ショッピング利用時には100円につき3ポイント、リボルビング払い選択時には100円につき4ポイントという驚異的な還元率を誇り、更に年間の利用額に応じて50万円以上は2500ポイント、100万円以上は6000ポイントとボーナスポイントももらえます。

また旅行保険については最高7000万円と驚異的な額までの保証となっており、さらにあの世界の空港ラウンジの利用が可能となる「プライオリティ・パス」も同時に年会費無料で付帯します。

カードフェイスもきらびやかなゴールドで高級感溢れる仕上がりとなっていますので、お財布に入っていると気持ちも上がるのではないでしょうか。ちなみに国際ブランドはVISAとなっています。

SuMi TRUST CLUB リワード ワールド カード

こちらは先ほどのカードと同様の発行会社から出ているカードで、国際ブランドはMasterCardとなっています。ポイント付与率は3~4%と先ほどのカードと同様ですが、貯めたポイントについては楽天スーパーポイントやH.I.Sの海外パッケージツアー費用などに交換出来るため、より使いやすい仕上がりとなっています。

またエンタテインメントの方にも特化しており、記念日や誕生日に指定の場所へ花を届けてくれるという嬉しいサービスも提供されています。

まとめ

今回はクレジットカードの中でも発行ステータスが高い銀行系クレジットカードの、更に上位カードであるゴールドカードについて紹介してきました。クレヒスしかり、将来の銀行ローン審査しかり、将来的な事を考えた場合や、また利便性、携帯性なども考えるとやはりこちらのカードを1枚は所有しておきたいといったところでしょうか。今回紹介したゴールドカードはどれも人気のカードたちとなっていますので、銀行系クレジットカードを持つ際はこちらのカードを選ぶと良いでしょう。