マイルが貯められるゴールドカードでおすすめしたいカード11選!

クレジットカードを利用する動機として、「マイルを貯めたい」という目的でクレジットカードを利用する人も大変多いのが最近の動向です。

実際に飛行機に乗らずにクレジットカードでマイルを貯める「陸マイラー」と呼ばれる人たちにとって、クレジットカード選びは非常に重要な問題ではないでしょうか。
そこで今回は、貯めたいマイルごとにオススメできるクレジットカード、中でもゴールドカードやそれに相当するランクのカードのみをご紹介します!

マイルが貯まるオトクさとステータスを兼ね備えた、あなたに合うカードを探して見てください。

ANAマイルの貯まるゴールドカード

ANA VISA ワイドゴールドカード(VISA・MasterCard・JCB

ANA VISAワイドゴールドカードは、あの三井住友カードが発行するマイルが溜まりやすいゴールドカードです。こちらは国際ブランドをVISA、MasterCard、そしてJCBと国内の主要ブランド御三家を網羅しているため、既にクレジットカードを持っているという人でもバランスよくカードを取得することが出来るようになっています。やはり、VISAばかり4枚も5枚も持っていると1枚くらいはMasterCardやJCBを持ちたいものですよね。こちらのカードはそういった要望にも柔軟に対応可能です。

また年会費は本人会員が15120円、家族会員については1人あたり4320円が必要です

限度額については50万円から200万円までとなっており、ゴールドカードならではの余裕のある設計といえるのではないでしょうか。旅行損害保険は海外旅行と国内航空、そして国内旅行の3シーンでそれぞれ最大5000万円までの手厚い保証がついてきます。

その他サービスとしては通常のゴールドカード同様に空港ラウンジの入場権利とゴールドデスクの利用権利が付帯していますので、こちらもVIP感のある仕上がりとなっていますね。

肝心のマイル還元率については1000円の利用で1ポイントとなり、その1ポイントが10マイルとなりますので付与率としては上々です。

審査難易度としてはいずれも通常のゴールドカードと同様の設定がなされていますが、やはり発行会社が三井住友カードというだけあって流通系のいわゆる「格安ゴールドカード」と呼ばれるようなカードと比較すると多少ハードルは高いかもしれません。

しかし、提携カードという事で何かと年度末や季節の変わり目、下半期に入る時期など、一定の時期には多少審査難易度に変動が出るという可能性も否定できません。現に過去の年度末時期にはANA提携で御三家のブランドを冠した某流通系クレジットカードで「カードのバラまき」と言っていいほどに審査基準が大きく変動したという実例があるなど、何かと審査難易度については目が離せない1枚といっても過言ではありません。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

あのアメリカン・エキスプレスがANAと提携の上発行しているのがこちらのカードです。マイル還元率も100円の利用で1マイルとなり、1000ポイント単位で1000マイルずつ交換することが可能となっています。

年会費は本人会員が31000円(税別)、家族カード会員は一人あたり15500円(税別)と、少しお高めかもしれません。しかし何と言ってもこちらのカードはアメックスゴールドカードの一種ですから、そのステータスを勘定に入れるとこの年会費にも納得が行くというものです。

また、限度額については会員ごとにそれぞれ個別に設定されるというアメックス独自のシステムが採用されている事から、カード発行後にデスクにそのカードの利用限度額の目安を聞くことになります。

審査難易度としては通常のアメックスゴールドとほぼ同程度ですが、そもそもアメックスゴールドの審査自体があまり易しい訳でもありませんので、やはりある程度の実績を持つクレヒスがあると審査にも心強いのではないでしょうか。

ANAダイナースカード

VISA、MasterCard、JCBの国内3大ブランド、アメックス、と続けばもちろんこちらのブランド、ダイナースもANAカードを発行しています。こちらのカードは入会の目安として27歳以上、という条件を設定しているものの、特段その他には年収や勤続年数などの縛りはありません。

年会費は本会員が27000円(税別)、家族会員が1名あたり6000円(税別)となっており、いわゆる平ダイナースと同様の基準に設定されています。

もちろん、ダイナースの代名詞である「一律のご利用限度額は、ございません」はANAダイナースでもそのままで、事実上どこまでもその利用限度額を引き上げる事が可能となっています。

マイル還元率はこちらも100円あたり1マイルの積算となりますが、入会や更新で2000マイルのボーナスマイルが加算されるという嬉しい特典が常時付帯するという特徴を持っています。他のカードに関しても同様の特典が用意されている事がありますが、こちらはあくまでも期間限定というケースが多いので場合によってはこのボーナスマイルが受け取れない可能性もはらんでいるのです。またEdyのチャージをこちらのカードで行うと200円につき1マイルが貯まるというのも特徴的です。

そして旅とエンターテイメントに特化したダイナースだからこそ実現可能なのが、充実した旅行損害保険と空港ラウンジの提供でもあります。

旅行損害保険については自動付帯と利用付帯の合算で最高1億円という破格の保証が受けられることになっており、さらに空港ラウンジについてはダイナースの国内外600箇所にも及ぶラウンジを利用することが可能となっています。

審査難易度についてはやはり平カードでも通常のゴールドカードに相当するというダイナースのカードであることから多少ハードルが高く、実績のある綺麗なクレヒスを持っている事に加えてある程度の年収も必要になってくるといった様相を呈しています。

ちなみに、こちらのカードは定期的に国内の空港で勧誘を行っているケースもあり、その勧誘を経由して申し込んだ場合には若干ですが通過率も良い、といった声もあがっています。これは単純に申し込み書類の「正しい書き方」をその場で聞きながら記入が出来るという事から書類不備などによる審査否決が少ないという事に他ならないので、結局は書類の書き方をネットで調べてネットから申し込んだ方がスムーズに手続きが可能となっています。

JALマイルの貯まるゴールドカード

JAL CLUB-Aゴールドカード(VISA・MasterCard・JCB・アメリカン・エキスプレス)

JALの名前を冠するゴールドカードが、こちらのJAL CLUB-Aゴールドカードとなります。

国際ブランドはVISA、MasterCard、JCB、アメリカン・エキスプレスが提供されており、それぞれJCBプロパーもしくは三菱UFJニコスが発行会社となっています。

年会費についてはアメリカン・エキスプレスを除き全ブランドとも、本会員が税込17280円(アメリカン・エキスプレスのみ20520円)家族会員はAMEX含め一枚あたり8640円となっています。

限度額については「会員様一人ひとり、個別に決定しております」というアメックスを除きそれぞれ50万円から最大200万円程度の限度額に着地するケースが多くなっており、比較的余裕を持って買い物やフライトを楽しむことが出来るようになっています。

そしてこれらのカードのうちMasterCard、VISAカードについては発行会社である三菱UFJニコスの方針からか「20歳以上で、かつ一定以上の勤続年数や営業歴と安定した収入のある方」という基準が設けられているため、ある程度勤続年数についてもチェックが入るという事が伺えます。

マイル還元率については一律100円1マイル換算なため、買い物の際には貯まるマイルの計算がしやすくなっていますね。

また旅行保険については

JCB:海外が最高1億円、国内が最高で5000万円

VISA・MasterCard・アメックス:国内海外一律最高5000万円

といった補償額となっています。

それぞれ利用可能な空港ラウンジについては各カード会社のゴールドカードと同様の基準となっており、特にアメックスゴールドについては非常に多くの空港で特別なラウンジを利用することが可能となっています。

審査難易度については各社ともゴールドカードの発行基準であることからお世辞にも易しいとは言えませんが、それでも現在のクレヒスに問題がなく実績があれば比較的問題なく審査に通過できるというケースも多いのではないでしょうか。

JALダイナースカード

ANAにもダイナースがあるように、JALにもダイナースカードが用意されています。

こちらのJALダイナースカードは原則として27歳以上の人のみが申し込み可能となっており、その限度額はもはや説明不要の「ダイナースマジック」で一律の制限がありません。

年会費は本会員が30,240円(税込)、家族会員が一枚あたり9,720円となっており、やはりここはダイナースらしいお値段となっています。

マイル還元率については他のカードと足並みを揃えて100円の利用で1マイルが貯まる計算です。

旅行損害保険については国内外を問わず最高1億円という、手厚いを通り越してもはや「分厚い」保証と言っても決して過言ではありません。

ラウンジについてもダイナースクラブカードの一種であるため、ダイナースが提供している空港ラウンジを利用することが可能です。

JALカード TOP&ClubQ CLUB-Aゴールドカード

こちらは東急カードや、三菱UFJニコスが発行するJALゴールドカードの一種です。
国際ブランドはVISA、MasterCardで展開されています。

マイル還元率は100円のショッピングに対して1マイルの加算で、年会費は本会員が17,280円(税込)、家族会員が一枚あたり8,640円(税込)となっています。

申し込みに関しては先ほどの一部のCLUB-Aゴールドカード同様に「20歳以上で一定以上の勤続年数や営業歴があり、安定した収入のある人」という条件が設定されていることから、おおよそ3年以上の勤続または営業歴があると審査上はより安心できそうです。

JALカード OPクレジット CLUB-Aゴールドカード

こちらはJCBと小田急電鉄が発行するタイプのCLUB-Aゴールドカードとなっており、年会費は本会員が17,280円、家族会員が一枚あたり8,640円となっています。

審査上は先ほどのカードと異なり特段の勤続年数に関する条件はありませんが、学生は申し込みNGとなっています。

マイル還元率は100円のショッピング利用で1マイル、ラウンジについてはJCBゴールドカードと同様の基準で空港ラウンジが利用可能です。

利用限度額は50万円から200万円程度となっており、こちらは随時利用実績に応じて増額などが発生します。

先ほどのカードについてはほとんど条件が同一となっていますが、こちらは勤続年数などに縛りが無いため、新卒など社会人経験が比較的浅い人はぜひ積極的にチャレンジしておきたい、そんなクレジットカードとなっています。

ANA・JALどちらのマイルにも交換可能なゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカード

MileagePlusセゾンゴールドカードは、マイル還元率が1.5%と高めに設定されています。そのため買い物や食事の際にカードを使うだけでも、効率良くマイルを集めることが可能です。

カードの年会費は22,000円(税別)で、家族カードの年会費は5,500円(税別)となっています。国際ブランドも【VISA・マスターカード】などの中から自由に選択OKです。

またMileagePlusセゾンゴールドカードには、海外・国内で利用できる旅行傷害保険が付いています。最高5,000万円まで負担してくれるので、旅行中にケガや病気などのトラブルを心配する必要はありません。

カードを盗難・悪用された時に備えて、ショッピング安心保険も付帯されています。安全性の高いゴールドカードを探している方にもオススメです。

【MileagePlusセゾンゴールドカードの公式サイトはコチラ】

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

御存知、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの登場です。こちらのカードはカード利用100円につき1ポイントが貯まる仕様となっており、言わずと知れたアメリカン・エキスプレスの上位カードにあたります。年会費は本会員が29,000円(税別)、家族会員は一枚目が無料、二枚目からは一枚あたり12,000円(税別)がかかります。

またこちらのカードは「メンバーシップ・リワード」と呼ばれるポイントプログラムを導入しており、こちらのすごい所はまず「ANA・JALどちらのマイルにも交換可能」というところではないでしょうか。

いえ、正確にはANA・JAL両方どころか世界中様々なエアラインのマイルに交換することが可能となっており、その関係で国内ではANA・JAL両方にマイルを交換することが可能となっているのです。

原則として2,000ポイントが1,000マイルに交換可能となっていますので、そこまで低い交換率という訳でもありませんね。

空港ラウンジについてはアメックスゴールドに「プライオリティ・パス」が付帯していますので、世界中様々な空港の特別なラウンジを利用することが可能です。

旅行損害保険については一部利用付帯となっているものの、最高で国内5000万円、海外で1億円という補償額になっています。

審査難易度としてはやはり中々ハードルの高いものがありますが、基本的にはクレヒスに傷が無くて実績がある程度蓄積されており、勤続年数5年以上の年収700万円以上であればほとんど問題なく審査に通過できるのではないでしょうか。

ダイナースクラブカード

アメックスゴールドに対抗できるカードといえば、そうです、ダイナースクラブカードです。

こちらもハイステータスの代名詞とも言えるカードですが、マイル還元率は100円1マイルと上々で、更に貯まったポイントについて4つの航空会社のマイルに交換出来るという利便性も備えているのが特徴です。

年会費は本会員が22,000円(税別)、家族カードは一枚あたり5,000円(税別)となっています。

保険や空港ラウンジの利用については先ほどまでご紹介してきた提携ダイナースクラブカードと共通の仕上がりです。

審査難易度についてはやはりダイナースクラブカードですから、それなりに年収や実績のあるクレヒスが無ければ勝負は厳しいものになることが予想されます。

しかし年齢が27歳以上であればひとまず申し込みは可能となっていますので、まずは挑戦して見るというのも1つの選択肢だと言っても過言ではありませんね。

スカイマイルの貯まるゴールドカード

デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード

大手航空会社であるデルタ航空のマイルも貯まるのが、デルタ スカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカードです。デルタ空港は世界60カ国に路線を持つジェットセッターおなじみの航空会社ではないでしょうか。国内では成田羽田、中部、関西、福岡空港などで発着しています。

こちらのカードは若干申し込み基準が厳し目となっており、入会の目安としては25歳以上で年収400万円以上というものが設定されています。

年会費は本会員が18,000円(税別)、家族カードが一枚あたり9,000円(税別)となっています。

このカードは100円の利用につき1.3マイルという高い還元率を誇り、入会ボーナスで6000マイル、さらにファーストフライトボーナスで最大25000マイルがもらえますので、これが非常に大きな特徴となっています。

また年に3回まで「デルタスカイクラブ」のラウンジ利用が無料になったりするなど、デルタ航空を利用する機会が多い人にはうってつけの1枚です。

デルタ スカイマイルJCBカード(ゴールド)

こちらは先ほどのカードと異なりJCBが発行するゴールドカードとなっています。

先ほどのカードは年収に一定の目安が設定されていましたが、こちらはそれが無く20歳以上の安定収入がある人であればチャレンジが可能です。

マイル還元率は100円で1.5マイルという非常に高いレートを実現しており、これにより陸マイラー達は非常にマイルを貯めやすくなっています。

年会費は本会員が初年度10,000円(税別)、2年目以降18,000円(税別)、家族カードが一枚あたり初年度3,000円、2年目以降5,000円という設定です。比較的ゴールドカードにしてはリーズナブルな年会費といえるのではないでしょうか。

旅行損害保険は海外で最高1億円、国内で最高5000万円が付帯します。

空港ラウンジについてはJCBゴールドカード準拠となるため、国内28空港などの空港ラウンジが利用可能となっています。

先ほどのカードと合わせて審査難易度は多少難しいながらも、おおよそ年収400万円以上で勤続3年以上という属性であれば、よほどクレヒスに問題がない限り審査には通過出来るチャンスがあるのではないでしょうか。欲を言えば、年収が700万円以上あるとより心強いといったところでしょうか。

まとめ

この様にゴールドカードにもマイルが貯められるカードがあり、その中でも特にデルタ航空提携のゴールドカードについては100円のショッピング利用で1.3マイルがたまるなど、非常に高レートなものも存在するということがわかりました。

ステータスとマイルの貯まり具合を総合的に考え突き詰めて行くと、あなたにピッタリの1枚が見つかることでしょう。