ゴールドカードをポイントで選ぶなら高還元率だけでなくボーナスポイントも視野に!

お財布から出した時にキラっと黄金に輝くゴールドカードで圧倒的なステイタスを感じさせながらも、それでもやっぱり出来ることならオトクに活用したい・・・!という人も多いことでしょう。そんな人にはポイントプログラムの充実したゴールドカードがオススメです。その際、ポイント還元率の高いカードだけで選ばず、ボーナスポイントにも注目してみることをおすすめします。ポイントを効率よく貯めるには、ポイントアップのプログラムを最大限活用する必要があります。
ここではポイントの貯まりやすいカードを紹介しますので、参考にしてください。

ゴールドカードをポイント目的で選ぶ際の考えたい点

基本のポイント還元率の高さ

まずポイント目的でゴールドカードを選ぶのであれば、最も基本的な部分である通常のポイント還元率の高さを重視したいところです。ゴールドカードはすべて同じ様な色をしていますが、ひとつひとつポイントの還元率が異なります。高レートな還元率を持つカードもあれば、全くその逆で本当にゴールドなのはカードの色だけというものもありますので、ここはひとつ吟味していきたい点となっています。

ボーナスポイントの高さ

また一般的な還元率の高さ以外にも、ボーナスポイントにも着目したいという事は先ほども触れた通りです。ボーナスポイントはキャンペーンなどでカードごとに定められた特定の条件をクリアすることで得られるポイントを指し、例えば特定の店舗で1万円以上のお買い物でポイントゲット!という条件もあれば、期間中に○○航空の飛行機でフライトをするなど、そういった条件まで多種多様な物が用意されています。

カードによってはショッピングで利用した分とは比較にならないほどポイントが貯まるので、こちらも検討したい点ですね。

またキャンペーン期間中などのポイントアップ中はゲーム感覚で貯めることもできるので、効率的かつキレイにポイントが貯まると嬉しかったりしますよ。また、入会から3ヶ月間の特別ボーナスタイムを設けているクレジットカードもあるので、引越しや旅行などある程度まとまった買い物予定がある時期にカードを作るとより効率的にポイントが貯まりますね。

例えば引越しであれば家具家電一式をすべて1枚のカードで買う様にすればそれだけで20万円以上はカード利用が発生することになりますし、旅行にかかる費用を全額カードでまかなう様にすれば場所によってはこちらも数十万円単位での決済になります。ただでさえ大量のポイントゲットが期待出来る高額決済ですから、これをキャンペーン期間にぶつけない手はありません。

キャンペーン期間にこれだけの決済をすれば、もはやポイントはワッサワッサと大変な勢いで加算されていく事請け合いです。近年、ここまでの快感を感じるイベントは中々ないかもしれませんよ。

貯まるポイントの種類

また、どんなにポイント還元率が高くても、そのポイントを活用できなければ意味がないという側面もあります。当然ですね。例えば「私は一切飛行機に乗りません!これは私の主義主張で、もう20年くらい守り続けているポリシーです!」という人が仮にいらっしゃったとして、そういう人が高レートでガンガンとマイルが蓄積していくクレジットカードを持っていてもあまり意味がありませんよね。それと全く同じことで、どのポイントなら自分にとって利用価値が高いのかも、しっかりと判断材料に加えたいところです。

またポイントの交換先とカード自体の相性というものも重要です。例えばコツコツ貯めた1000ポイントもその交換先によって1200円相当になる場合もあれば800円相当にしかならない場合というのも確かに存在するので、事前にある程度ポイント交換先のレートを把握しておくことがオトクにカードを利用するポイントになります。

ポイント還元率の高いオススメのゴールドカード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

国際ブランド AMEX
年会費 10000円+税
ポイント還元率 0.75~15.0%前後

天下御免のアメックスゴールドカードです。かの古代ローマ軍「センチュリオン」が描かれたゴールド色に輝く洗練された券面となっています。

ポイントは通常1000円につき1永久不滅ポイントが付与されますが、ゴールドカードでは優遇されて1.5倍のポイント、つまり1000円のショッピング利用で1.5永久不滅ポイントが付与されます。

さらに海外旅行での利用ではポイントが2倍、オンラインショッピングでは驚異の最大30倍と国内外ネット問わず、もはやどの利用シーンでもポイントが貯まりやすいオールラウンダーな設計になっています。これがアメックスの風格なのでしょうか。

通常の還元率でも0.75%と上々な還元率ですし、効率よくポイントを貯められると最大15%程度もの還元率になります。

また、通常のポイント交換では200ポイントで920nanacoポイントに交換できるところ、キャンペーン中は+100ポイントの1020nanacoポイントに交換できるなどお得なポイントボーナスがある時期もあるのでキャンペーン情報を把握しておきたいところですね。nanacoポイントが920ポイントもらえるのと1020ポイントもらえるのとではやはりそれなりに開きがあります。具体的には100円分=うまい棒10本分もしくはチロルチョコ5個分の価値があるわけですから、無視は出来ませんね。

ちなみにこちらのカードの利用で貯まったポイントは賞品や商品券と交換したり、ネットショッピングの支払いに利用したりできますが、変わり種としてあるサービスも存在しています。

それはポイントを「貯めるのではなく、増やせる」というものなのです。

・・・大丈夫です、変なサイトへの誘導などは一切ありませんので、ブラウザはこのまま当サイトでお願いします。

では、資産運用で投資信託をしている・聞いたことがあるという方はいらっしゃるでしょうか。

でも実際に投資を実行するまでは敷居が高いし、何のことだかよく分からない・・・という声が多いのではないかと思います。しかし、セゾンのアメックスゴールドでは貯まったポイントを用いて投資の疑似体験ができるんです。

疑似体験と言っても、実際の投資会社の運用状況に即してポイントが上下に変動しますので非常にリアルな体験となっています。

実際に体験するには100ポイント単位でスタートしますが、好きなタイミングでポイントを1ポイント単位で取り出すことができます。投資は増減があるものですので100ポイントからスタートし下がる事もあれば上がることもあるという事になりますね。

ポイントの投資運用をしたり、投資を疑似体験できるなど非常に興味深いサービスとなっています。

年会費については現在まで定期的に初年度無料キャンペーンや、新規入会で2000円に相当する400ポイントのプレゼント、また入会から2ヶ月間で4万円以上のショッピング利用で8000円に相当する1600ポイントのプレゼントが受けられるなどの特典が用意されて来た実績があります。こちらも上手に利用できれば1万円相当のおトクになりますね。

ポイントの他にもPARCO、Loft、西友などの優待やアメックスのゴールドカードの名に恥じない保険やサービスも付帯しているため、日常使いや旅行にも一役かってくれるカードと言えます。

SBIゴールドカード

国際ブランド MasterCard
年会費 2500円+税
ポイント還元率 0.6~1.2%前後

こちらはSBIの銀行系カードとなっており、券面も鮮やかなゴールドに輝くカードです。

ネット銀行系ならではの金融系サービスのパフォーマンスの高さや年会費が低めの設定になっているにも関わらず通常のゴールドカードに劣らない保証がついてくるなど、バランス感覚の優れた優等生的なカードとなっています。

まず、ポイントに関しては1000円につき10ポイントが貯まり、通常の還元率はキャッシュバック換算で0.6%となっていますが期間限定でのボーナスポイント付与やポイントプレゼントキャンペーンを行っていますので、その期間中に賢くカードを利用するとさらに還元率が上がりおトクに利用できます。

また、銀行系カードならではのサービスとして、ライフサイクルに合わせて自由に引き落とし日を設定できたり、支払いスタイルを一括や最低支払金額制などから選ぶ事もでき、さらには最大5つの銀行口座を登録して即時引き落としや支払い、オンラインキャッシングに利用するなど、金融系のきめ細かいサービスに強いという印象です。

特に、貯まったポイントを現金に交換し、キャッシュバックとして口座に振り込んでくれるサービスはそうそうありません。よくあるポイントをギフト券などに交換してやっとポイントが使えるなどといった手間が大幅に省けるので嬉しいサービスですね。

もちろん貯まったポイントは他の共通ポイントや電子マネーにも交換可能でして、その場合はクレジットカードの利用で貯まる「サークルプラスポイント」を「SBIポイント」に移行してから交換するワンステップが必要となります。

またテンポよく紹介してきた支払日の選択や口座の複数設定など、こちらもクレジットカード業界からすれば非常に画期的というか、もはや画期的すぎて他にやっている所を探す方が難しいくらいの特典かもしれませんね。

そして、世界のマスターカードの名に恥じぬゴールドカードサービスも付帯してくるため格安ながらバランスの取れたカードと言えるのではないでしょうか。

JTB旅カードJCB GOLD

国際ブランド JCB
年会費 15000円+税
ポイント還元率 1.5%〜

旅行でおなじみのJTBと日本唯一のプロパーJCBが提携したこちらのカードはJTBとJCBゴールドの「良いとこ取り」をしたカードとなっています。券面も通常のスタイリッシュなデザインとディズニーデザインから選べます。

ポイントに関しては通常100円につき1ポイントが貯まるところ、こちらのゴールドカードでは1.5ポイントが貯まり、これに加え

  • JTBグループでの利用で1万円ごとに50ポイントの加算
  • JTBホームページで国内宿泊事前決済で+1%
  • 旅プリカのチャージで+0.5%
  • JTBトラベル加盟店の利用で100円ごとに1~5ポイント
  • 「J’s旅道具」「旅へ」 の利用で100円ごとに10ポイント
  • アンケートやゲーム、クチコミ投稿でポイントプレゼント

など多様なポイント加算プログラムが用意されています。

カードを利用するだけでも通常のポイント還元率がおおよそ1.5%となっているため高めの還元率と言えるのではないでしょうか。

また、JTB関連のお店で利用するとさらにポイント優遇が受けられますのでJTBユーザーに嬉しいカードとなっています。貯めたポイントはJTBでの旅行代金に利用できるなど、旅行関係に強いプログラムとなっているのはJTBならではですね。※JCBのOki Dokiポイントは貯まりません

そして、旅行関係の保障や各種優待などに強いのもこちらのカードの特徴となっています。年会費はそこまで安くはないものの、ポイントプレゼントキャンペーンなどが実施されることもありますし、保障や優待が手厚いため旅好きにおすすめしたいカードとなっています。

dカード GOLD

国際ブランド MasterCard、Visa
年会費 10000円+税
ポイント還元率 1.0~10.0%前後

ドコモユーザーはもちろん、一般的にゴールドカードを利用したいと考えている方にもおすすめできるdカードは手厚い保障が特徴的なカードとなっています。少し前までは、ポインコ兄弟と中条あやみさんのCMも大人気でしたね。

海外旅行保険は最大1億円、国内旅行保険も最大5000万円、国内航空便の遅延欠航における保障やショッピング保険は年間最大300万円、空港ラウンジサービスなど王道の手厚いゴールドカードサービスが付帯しているのに加え、ポイントは100円につき1ポイントと通常利用でも1%の還元率が期待できます。

また、dカード GOLDユーザー限定のサービスとして、年間利用額が100~200万円以上の場合、
1~2万円相当の携帯割引クーポンやd fashion、dトラベル、dTVターミナルのクーポンがプレゼントされるなど嬉しい得典もあります。

そしてもう1つのゴールドカード会員限定サービスとしてdポイントの獲得数やドコモの長期契約者でなくても、ゴールドカードを1枚持つとゴールドステージに一気に躍り出て、ドコモの携帯やドコモ光の利用代金1000円につき100ポイントが加算されます。レギュラー、ブロンズ、シルバーステージでは1000円につき10ポイントですので、かなりのポイント優遇が期待できますね。

ドコモを継続15年以上利用しなければシルバーステージになれませんので、ゴールドカードを1枚契約するだけで最上位のゴールドステージになれるのはかなりお得ではないでしょうか。さらに、ゴールドステージ限定のプレミアムクーポンなどもありますので有効に利用したいものですね。

また購入した携帯が紛失したり修理不能故障した場合などは最10万円の購入サポートが購入から3年間もの間保障されます。携帯電話も最近では高額な商品になりつつありますので、これは嬉しいサービスですね。

ボーナスポイントが優れたオススメのゴールドカード

エポスゴールドカード

国際ブランド Visa
年会費 5000円
ポイント還元率 0.5~14.9%前後

流通系カードの代表格とも言えるエポスのゴールドカード。国際ブランドはVisa一択となるものの、その利便性は多岐に渡るため幅広い支持を得ています。

またこの年会費は5000円がかかるものの、インビテーションによる入会または年間50万円以上の利用で永年年会費無料となります。

年間50万円利用するには、毎月4万円ちょっとのお買い物や各種支払に充てるとすぐ50万円に到達できます。ゴールドカードを年会費無料で持てるのは大変嬉しいですね。

またポイントは200円ごとに1ポイント貯まっていきますが、ボーナスプレゼントやポイントアップと上手に利用するとよりお得にポイントが貯められます。たとえば、

  • 年間50万円以上の利用で2500ポイント、年間100万円以上の利用で1万ポイントのボーナスポイントレゼント
  • ゴールドカードに入会した翌月から3ヶ月の間に、毎月10回以上カードを利用するだけで毎月200ポイント、計600ポイントの獲得チャンスがあるマンスリーボーナスキャンペーン
  • マルイや加盟店での利用で優待やお得なポイントアップ
  • よく利用する店舗などを3店舗まで登録することで3~5倍の「選べるポイントアップショップ」
  • ポイントアップサイト経由のネットショッピングでポイント最大30倍
  • ミニゲームやキャンペーンの参加、エポスカードへの新規入会者の紹介などでポイントプレゼント

など多種多様なポイント獲得のチャンスがあります。

特に選べるポイントアップショップは流通系カードのエポスならではのサービスと言え、多種多様な業界のお店やサービスをショップ登録するだけで自動的にポイントアップしますので利用しない手はありません。これらのポイントサービスを使いこなせるかどうかは利用者次第ですが、せっかくのポイントプログラムですので積極的に利用したいですね。

また、こちらのポイントは嬉しいことにポイント有効期限がないため、じっくりポイントを貯めることもできますし、さらに幅広い商品券や共通ポイントに交換できるなど選択肢の多さが特徴となっています。一通りの保障も付帯していますのでゴールドカードの検討リストに加えたいところですね。

ライフカードゴールド

国際ブランド Visa、MasterCard
年会費 10000円+税
ポイント還元率 0.5~12.0%前後

信販会社として有名かつ老舗であるライフカードが発行するゴールドカードになります。そのため、海外・国内の旅行傷害保険が自動付帯で最高1万円、空港ラウンジ利用などゴールドカード醍醐味を存分に味わえるサービスに加え、弁護士無料相談サービスやロードサービスなど特色あるサービスも付帯する手厚い保証がついたカードとなっています。

弁護士無料相談サービスともなると、通常のゴールドカードでもなかなか最近は付帯しないサービスではないでしょうか。ゴールドカードよりも更に上位であるプラチナカードやブラックカードなどでやっと登場するかしないかくらいのサービスですが、日常生活ではやはり何かと利用できれば心強いのではないでしょうか。

また、ポイントは通常1000円につき1ポイントがつきますが、これが年間利用金額が50万円を超えると次年度の基本ポイントは1.5倍に、そして年間利用金額が150万円の大台に乗るとなると次年度のポイントは2倍、つまり1000円につき2ポイントが貯まるようになるのです。これをサンクスプレゼントのステージ制プログラムといいます。

年間150万円というと途方もない金額に聞こえますが、実際の所は月額12万5000円程度となります。メインカードに据えて本腰を入れて利用していけば、決して到達不可能な数字ではないことがわかりますね。

また新規入会から1年間は基本的なポイント還元率が1.5倍になるというサービスもあり、こちらもライフカードゴールドでポイントを簡単に貯めるためのアシストになっています。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

国際ブランド MasterCard、JCB
年会費 1950円(税込)
ポイント還元率 1.0~16.5%前後

こちらのカードは券面がゴールドではなく、どちらかと言うとブラックに近い配色となっています。漆黒の券面に金のエンボス加工が非常に高級感を演出してくれています。

還元率については常に1.0%以上が保証され、100円のショッピング利用で1オリコポイントが貯まることになります。さらに入会後半年の間は還元率が2.0%にアップするという特徴があります。

つまり入会半年の間は1000の利用で20オリコポイントが貯まる事になりますね。

さらにオリコモールの利用で+1.0%、電子マネーの利用で+0.5%、リボ払いの利用で+0.5%という加算ルールも設定されていることから、最低限オリコモールでの買い物をリボ払いで行うと3.5%の還元率が期待できます。

さらに最高2000万円の海外旅行傷害保険も付帯していますので、こちらのバランスも評価すべきところではないでしょうか。

たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能で、その交換先は非常に多岐にわたっています。

楽天プレミアムカード

国際ブランド Visa、MasterCard、JCB
年会費 10000円+税
ポイント還元率 1.0~7.0%前後

こちらのカードは皆さん御存知の楽天カードが誇る上級カード、楽天プレミアムカードとなります。

国際ブランドは通常の楽天カードと同様にVisa,MasterCard,そしてJCBと国内の3大ブランドをしっかりとおさえています。

こちらは楽天カードからの切り替えで5000ポイントプレゼントなどの期間限定キャンペーンを定期的に展開しており、すでに楽天カードを持っているという人はこういった機会に切り替えを行うだけでなんと5000円相当のポイントを還元してもらえるという特典があります。また、新規入会特典でのポイントプレゼントキャンペーンや家族カード同時入会キャンペーン、紹介キャンペーンなども開催されていることがあるので公式サイトを確認したいものですね。

ポイントに関してもお得なプログラムが用意されており、通常100円で1ポイントが付与(還元率1%)されますが

  • 楽天市場でカードを利用するとポイント5倍
  • 楽天市場アプリのお買い物で+1倍
  • 楽天モバイルの利用で+1倍
  • 楽天市場コースで毎週火曜/木曜日に楽天市場の利用で+1%
  • トラベルコースで楽天トラベルをカード決済すると+1%
  • エンタメコースで楽天SHOWTIMEを利用すると+1%
  • お誕生日月に楽天市場、楽天ブックスでカードを利用すると+1%
  • 楽天ポイントカード加盟店の利用でポイント最大2倍

などかなり幅広くネットや実店舗でもポイントアッププログラムが用意されており、こちらのカードを利用している限りは通常ポイントだけではなく事実上常に何かしらの追加ポイントが入ることになっていますし、ポイント還元率は上々です。この他にも楽天ポイントは期間限定でポイントアップキャンペーンを実施することがあるので定期的に情報をキャッチアップしていくことも効率よくポイントを貯めるポイントになります。

またこちらはゴールドカードとしての機能も十分に備えており、例えば格安ゴールドカードなどでは付帯していない事の多い国内の空港ラウンジはもちろん、海外のラグジュアリーな空港ラウンジについても付帯するプライオリティパスで利用が可能となっています。
旅行や出張が多い方はプライオリティパスに加えトラベルコースを選択すると良いかもしれませんね。

さらに、楽天市場を利用すると送料分に相当するポイントが還元されるなど楽天市場などの優遇が受けられる「楽天プレミアム」が1年間無料で付いてきます。こちらは通常3900円の年会費がかかりますので、プライオリティパスに加え十分お得なサービスといえるのではないでしょうか。

ポイントの貯まりやすさはもちろんですが、肝心の保証も一通り揃っていますので積極的にチャレンジしておきたい1枚ですね。

まとめ

このようにゴールドカードにも様々な種類があり、中には非常に大きなボーナスポイントを獲得できるというチャンスを持ったゴールドカードも存在しています。その為、ゴールドカードをポイントの付与率で選びたい!という場合は通常の還元率だけではなく、期間限定などで実施される各種キャンペーンなどの情報にも目を向けて理想のゴールドカードを選び出したいものですね。