楽天ゴールドカードの審査・在籍確認の流れとポイントプログラムの詳細

年々認知度がうなぎ登りの楽天カードですが、実はゴールドカードもあるんです。こちらのゴールドカードには空港ラウンジサービスや、よりポイントが貯まりやすいプログラムが用意されていたりとメリットが沢山用意されています。それらを上手に組み合わせて活用していくことで、よりおトクに生活することも可能ですので、今回はそんな楽天ゴールドカードの審査の流れや活用すべきポイントプログラムについて紹介していきます。

楽天ゴールドカードの基本情報

年会費たったの2,000円で持てる格安ゴールドカード

楽天ゴールドカードは年会費2000円+税と大変安い年会費でゴールドカードが持てるように設計されています。また、家族会員の年会費も540円と低めの設定になっているため、気軽に手が伸ばせますね。

これは楽天カード全般に言えることですが、楽天カードに新規入会するとさまざまなポイントプレゼントキャンペーンも利用することができます。

それらを上手に活用すると年会費以上の実質還元を受けることができますので、公式サイトのキャンペーン情報を必ずキャッチアップしておきたいところです。

楽天カードと楽天プレミアムカードの中間的な位置づけ

楽天のクレジットカードは様々なラインナップが揃っていますが、大きく分けると通常の楽天カード、ゴールドカード、プレミアムカード、ブラックカードが用意されています。

そのためゴールドカードは楽天カードの上位カードという位置づけになります。しかし詳しくカード内容のスペックを見ていくと

  • 楽天ゴールドカードは一般的なカードとゴールドカードの中間
  • 楽天プレミアムカードは一般的なゴールドカードとプラチナカードの中間
  • 楽天ブラックカードは一般的なプラチナカード相当

といったスペックを持つカードとなっています。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードでは一般的なゴールドカードのスペックと一部被る部分があるためか、楽天ゴールドカードの券面はシルバーゴールド色、楽天プレミアムカードの券面はゴールド色という配色を採用しています。

それでも、楽天ゴールドカードはゴールドカードに違いはありませんし、ゴールドカード特有のサービスもしっかり付いています。そのあたりのサービスはこのあとしっかりご紹介していきます。

楽天市場での還元率が楽天カードより高い

楽天カードの特徴とも言うべきポイントの貯まりやすさ、つまり還元率の高さはゴールドカードとなるとぐんと上がります。特に楽天市場などの楽天系列のサービスを使えば使うほどポイントは貯まっていきます。

例えば、楽天カードでは楽天市場を利用するだけでポイント4倍となりますが、ゴールドカードではポイント5倍となります!ポイント5倍。とても甘美な響きですね。

ただし賢くポイントを貯めるにはちょっとしたコツを覚えておく必要がありますので、このあとのポイントプログラムの紹介でじっくり解説します。

国際ブランドはVISA、JCB、MasterCardから選択OK

また、こちらのカードではVISA、JCB、MasterCardの3ブランドから国際ブランドを選ぶことができます。まだ持っていない国際ブランドをチョイスするのがオススメですよ。それぞれ強みが異なりますし、利用できる店舗も微妙に異なるためです。複数の国際ブランドカードがあればおおよその支払いに対応できるためおすすめです。

楽天ゴールドカードの審査の流れ

楽天ゴールドカードの審査

では、楽天ゴールドカードの審査についてはどのようになっているのでしょうか。

まず条件としては原則20歳以上の安定した収入のある方が申し込み対象とされています。
また専業主婦の方でも配偶者の収入があれば申し込みOKとなっています。専業主婦でゴールドカードを持てるというのはあまり家族カード以外には聞きませんので、これはおトクなポイントですね。

また、審査の結果によっては申込者の自宅又はお勤め先へ電話して本人の確認をする旨が書かれていますが、これがいわゆる在籍確認にあたります。

しかしこの場合楽天からの電話は個人名でかけてくるとのことですので、比較的安心できるのではないでしょうか。

そして楽天カードは現在ものすごい勢いで申し込みが殺到していますので、クレヒス上何の問題もなく、そして過去のクレヒスに記載されている勤務先と今回申告した勤務先に変更がなければ在籍確認はスキップとなるケースも多数報告されています。

ただしJCBの場合は比較的高確率で在籍確認を行う傾向にありますので、どうしても・・・という場合は国際ブランドについても検討してみると良いでしょう。

一般の楽天カードについては非常に入手しやすいと言われるだけあって年収についてもほとんど安定さえしていればパスできますし、クレヒスについても多少の軽微な傷であれば見逃してもらえるケースもままあります。

・・・が、こちらの楽天ゴールドカードについては世帯年収としておおよそ300万円から400万円程度は欲しいところです。もちろん他の同居家族や配偶者との合算で問題ありませんので、こちらはしっかり申告しましょう。

またクレヒスについては多少の過去の支払い遅れなどについては目をつぶってもらえる事もありますが、現在進行形での遅れについては見逃してもらえないケースがほとんどです。最低限支払い遅延は解消してから申し込みたいところですね。

楽天ゴールドカードの申込方法と受取方法

こちらのカードはインターネット申込となります。24時間いつでも申し込めるので便利ですね。また、申し込みには楽天会員登録が必須ですので会員でない方はまず最初に会員登録をする必要があります。

次にインターネット申込では、申込フォームに必要事項を正確に・誤字無く記入すると約1週間程度で自宅に届きます。

郵送方法は佐川急便の受取人確認サポートか日本郵便の本人限定受取郵便または簡易書留で送られてきます。

簡易書留以外は本人確認書類が必要となりますので運転免許証やパスポートなどを用意しておきましょう。

また、年末年始や大型連休に手続きが重なるとカードを手にするまで時間がかかることがありますので、重なりそうな時期は早めに申し込むと良いかもしれません。

楽天ゴールドカードのポイントプログラムの詳細

ベースとなる還元率は1%

楽天ゴールドカードを使うと、いつでも100円につき1ポイントが貯まっていきます。つまりネットショッピングでもスーパーで利用しても通常の還元率は1.0%となかなか高さと言えます。わざわざ加盟店を探し利用しなくともこの還元率ですので、加盟店での利用やポイントアッププログラムを利用するとどうなるのかとても楽しみですね。では早速詳しく見ていきましょう。

SPUによってポイントアップ!楽天市場での還元率5%

まず、楽天の最大の特徴と言っても過言ではないスーパーポイントアッププログラム「SPU」ですが、SPUでは

  • 楽天市場でのお買い物が通常の1ポイントに加え
  • 楽天ゴールドカードの決済で+4倍

つまりゴールドカードで楽天市場を利用すると365日いつでもポイント5倍!

さらに、

  • 楽天市場アプリの利用で+1倍
  • 楽天モバイルの利用で+1倍

と、楽天自社系サービスを組み合わせて楽天市場を利用するとポイントが7倍!ポイント還元率も7%!

となるなど、楽天市場の買い物はSPUでポイント最大7倍にもなり大変お得と言えますね。

特筆すべきは、楽天市場の全ショップがSPUの対象となっているため「今買い物しようとしている店舗が対象店舗か」を気にせずお買い物ができます。

条件さえ満たせば365日24時間ポイント7倍を狙えますので、積極的に活用していきたいですね。

またその他にも、

  • 楽天トラベルの利用でポイント2倍
  • 楽天ダイニング加盟店でカード払いするとポイント2倍

など楽天系サービスを使えば使うほどポイントがざくざく貯まって行きます。

そして楽天ユーザーに嬉しいあんしん保証がしっかり付いていますよ。

楽天市場の利用したけども商品が届かず店舗と連絡が付かない場合に請求を取り消してくれる「商品未着あんしん制度」、ネットショッピングでカードを不正利用された場合の保証「ネット不正あんしん制度」が自動付帯していますので安心してネットショッピングが利用できますね。

街のお店でもポイントが2倍!

先述の通りカードを通常利用するだけで100円につき1ポイントが付き、楽天市場の利用でかなりポイントが貯まるとお知らせしましたが、実は街のお店でもポイントが最大3倍になるチャンスがあります。

そのコツは楽天ポイント加盟店でカード払いすることです。

加盟店は飲食店、ガソリン、リフレクソロジー、温泉施設、アパレル、携帯ショップなど多種多様で多数の加盟店があります。日常生活の実店舗でもポイントが貯まりやすいのは大変助かりますね。

また、カード払いしなくてもカードを提示するだけでポイントがつくお店も多数あります。こちらはコンビニ、百貨店、飲食店、引っ越しなど幅広い業界業種で対応しており、原則100円につき1ポイントがもらえます。さらに、そこでカード払いをすると実質ポイント2倍となります!こちらも非常にお得ですね!

そして加盟店でお買い物をするメリットとしては、貯まったポイントを支払いに使えるという点です。一部非対応の加盟店もありますが、原則1ポイント1円相当で支払いに使えます。コツコツ貯めたポイントをまとめて豪勢に使うも良し、ポイントの有効期限が切れそうだからとお会計の足しにするも良しですね。

ポイントを小さく貯める方法も多数!

楽天のポイントプログラムにはカード会員限定でクリックするだけでポイントがもらえたり、月2回のポイント優待キャンペーン期間中はポイント最大10倍になるなど書ききれないほどのポイントシステムが用意されています。

こうしてコツコツ貯めたポイントの使いみちですが、いくつかの使いみちがあります。

  1. 楽天市場や楽天トラベル、楽天デリバリーなど楽天グループのサービスの支払いに使う方法
  2. 楽天ポイント加盟店での支払いに使う方法
  3. 楽天EdyやANAマイルに交換する方法

マイルへの交換を除くいずれも1ポイント1円相当として交換が可能となっています。楽天市場で日用品を買ったり送料分をポイントで支払ったり、旅行費用に充当したり、加盟店でプチ贅沢品を買ったりとライフスタイルに合わせた使い方をしたいですね。特に期間限定ポイントを失効させてしまうのは勿体無いですので、積極的に利用していきたいものです。

楽天ゴールドカードの特典

格安ゴールドカードながらも空港ラウンジが利用可能

ゴールドカードといえばカードを提示するだけで空港ラウンジが利用できるサービスが王道と言えます。

しかし格安ゴールドカードの中にはそのサービスが付帯していないことや、利用できたとしてもかなり限られた空港でしか利用できないことがあります。

しかし、楽天ゴールドカードではそのようなことはなく、北から南まで全国津々浦々の空港ラウンジを利用できます。また、海外ではホノルル空港(ハワイ)や仁川空港(韓国)でも利用ができます。日本国内を出張や旅行で飛び回る人にうってつけと言えますし、格安ゴールドカードでここまで空港ラウンジが利用できるのはそうそうありませんので、かなりオトクと言えますね。

海外旅行傷害保険が最高2,000万円まで保証

楽天ゴールドカードでは海外旅行傷害保険が利用付帯で2,000万円までを限度に付帯されています。国内旅行傷害保険は付いていませんので注意が必要です。

海外旅行保険をさっくりまとめると以下のようになります。

傷害による死亡・後遺障害 最高2000万円
傷害による治療費用 最高200万円
疾病による治療費用 最高200万円
賠償責任 最高2000万円
携行品損害 最高20万円
救援車費用 最高200万円

年会費が格安にも関わらず一般的なカードの旅行傷害保険に劣らない保証内容となっています。また、同伴者の保証は同伴者が家族カードを含む楽天カード会員である場合に保険が適用されます。そのため、家族カードに申し込めない18歳未満のお子様は保証の対象外となってしまうのでお子様には別途他の保険を用意する必要があります。

そして海外旅行傷害保険以外にも定番のカード盗難保険もばっちり付いていますよ。

楽天カード同様、楽天Edyも搭載

楽天ゴールドカードには、楽天Edy機能を無料で付けることができます。楽天Edyは電子マネーですので、お財布がなくても楽天Edyがついたカードさえあえば利用可能店舗でお買い物や飲食ができます。

クレジットカードで決済する場合は店員にカードを渡す→カードリーダーに通してもらう→サインを書いたりと何かと時間がかかってしまいがちですが、電子マネーで決済する場合はぴっとかざすだけですので大幅に時間が短縮されますし、何よりお釣りの小銭が増えてお財布が重たくなる心配もありませんのでおすすめです。

また、貯まった楽天ポイントを楽天Edyに交換し使うこともできますし、楽天Edyも利用するだけで200円につき1ポイントが貯まっていきますのでお得ですね。

楽天Edyが利用できる主な店舗はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、スリーエフ、バーミヤン、ガスト、マツモトキヨシと全国45万ヶ所以上で利用できます。全国津々浦々で利用できので大変便利ですね。

キャッシング機能について

審査により最高50万円までのキャッシング枠が決まる

楽天ゴールドカードにもキャッシング機能が付いていますので、必要に応じて申し込みをしてみましょう。ただし、クレジットカードの審査とは審査基準が異なりますので個人信用情報に自信がない場合は申し込まない方が無難とも言えます。

ただ、キャッシングを利用可能であればいざという時に重宝しますのでトライしておきたいところです。例えば給料日前だけどどうしても外せない用事がある時や、海外旅行先でお金がなくなりそうだけど国内の銀行口座からお金を引き出せないときなど、どうしても現金が必要になる時があります。いざという時のためのキャッシングですから申し込んでいつでも利用できる状態を作っておくと安心感が違います。

さて、こちらのキャッシングを申し込むと50万円までを最高限度にキャッシングの利用可能枠が設定されます。また、1回払いと分割払いでは利用可能枠に変動が生じますので、設定された利用条件をよく確認してからキャッシング利用することをおすすめします。

返済方法は1回払いかリボ払い

キャッシング審査に通り、いざキャッシングを利用するぞ!という時は国内外の提携ATMに楽天ゴールドカードを入れ、借り入れのボタン操作をするだけで借りられます。提携ATMは都市銀行、地方銀行、信金、信組など広く提携されていますのでいざという時にも安心ですね。引き出す額は1万円単位となります。

また、ネットや電話からもキャッシングが利用できます。ネットですと24時間どこからでも手続きができるため、ATMまで行く時間がない時やそもそも近くにATMがない時に重宝しますね。ネットキャッシングでは最短数分で引き落とし口座に振り込んでくれますし、銀行の営業時間外に手続きした場合は翌金融機関営業日または指定した日時に振り込みが実行されます。しかも振込手数料は無料ですので便利かつオトクと言えます。

そして、返済は1回払いかリボ払いを選択することになります。キャッシングを利用した翌月に一括返済するか、リボで毎月少額の返済をしていくかはライフサイクルに合わせ選択しておきたいですね。

途中からリボ払いに変更する「後リボ」も使える

キャッシングを利用し返済に1回払いを選択したはいいものの、ちょっと返済が厳しくなりそうだという緊急事態に陥りそうな時は「後リボ」を利用すると大変便利ですよ。月末までに1回払いをリボ払いに変更する手続きをすれば、その翌月からリボ払いに変更となります。毎月の返済額が減りますので生活に余裕が持てますね。

支払いを1回でも遅延すると個人信用情報に遅延情報が載ってしまいますので、少しでも支払いが厳しいと感じた時はすぐにリボ払いに変更しましょう。個人信用情報に傷があると良いことは何もありませんので、計画的な返済を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか。今回は楽天ゴールドカードについて、その審査の流れやポイントプログラムについて紹介してきました。入会キャンペーンや紹介キャンペーンなどかなりお得なポイントプレゼントも多数用意されていますので、出来る限り利用してお得に楽天ゴールドカードのスタートを切りたいですね。