プロパーカードと提携カードの違いは?どっちのカードがおトク?

クレジットカードには様々な種類があり、それぞれに特徴があります。

そしてその違いの中に「プロパーカード」と「提携カード」というものがあり、こちらもその種類によって様々な特徴があります。

今回はプロパーカードと提携カードの違い、そして結局どちらのカードがおトクなのか?について紹介します。

厳密な意味でのプロパーカードの定義とは

「国際ブランドが発行するクレジットカード」という捉え方

プロパーカードのプロパーとは英語で【proper】と表記し、正しい、正式な、固有の、といった意味のある言葉です。

つまりクレジットカードでプロパーカードと言うと「各国際ブランドが直接発行している自社発行のクレジットカード」という事になります。

現在、自社でクレジットカードの発行を行っている国際ブランドはJCB、アメリカン・エキスプレス、そしてダイナースクラブの3社のみとなっています。

JCB、American Express、ダイナース・クラブ発行以外のカードは全て提携カード

と、言うことは厳密に区分けをするとなると、上記の3社以外が発行しているクレジットカードは全て提携カードということになりますね。

提携カードというのは国際ブランドとの提携を経て、他の信販会社や百貨店、交通インフラ系各社が発行しているいわば「●●系列のクレジットカード」という性質をもつカードを意味します。

よく家電量販店やショッピングモールなどで「本日クレジットカードお申込みで●●プレゼント!」といったキャンペーンを行っていることがありますがプロパーカードではこういったキャンペーンがほとんどありませんので、これらのキャンペーンを展開しているのはほぼ100%提携カードとなっています。

広義でのプロパーカードの定義とは

「クレジットカード会社が発行するクレジットカード」という捉え方

しかし、厳密なプロパーカードというのは発行会社が3社しかなく、これではプロパーカードというのが3種類しかないことになります。

そこで最近主流になっている考え方が、もう少しプロパーカードの範囲を広げて考える「広義でのプロパーカード」という考え方です。

例えば三井住友カードに関しては本家本元のVISA社やMasterCard社からライセンスを下ろしてもらい、その上で自社カードとして「三井住友カードVISAカード」というクレジットカードを発行している傍ら、主に流通系の他の一般企業と提携してそれぞれの店舗オリジナルの「Amazon MasterCard」などのクレジットカードも発行しています。

この場合、自社で発行しているカードとなる「三井住友VISAカード」に関してはプロパーカードである、というのがこの広義でのプロパーカードの考え方です。

事実、最近のクレジットカードの流通事情を見てみると、こちらの考え方の方が実情に沿っていると言えます。

クレジットカード会社と提携して発行したものだけが提携カードとなる

反対に先ほども少し触れたように、三井住友カードなどのクレジットカード会社と提携して発行している様々なクレジットカードについては「提携カード」として扱うのが現在の主流な考え方です。

具体例で見てみると、ローソンで便利に使える「JMBローソンPontaカード」というクレジットカードがありますが、このカードは信販会社大手である株式会社クレディセゾンがローソンと提携した上で発行している提携カードとなります。

なおクレディセゾンは様々な企業と提携して非常に多くの提携クレジットカードを発行しているのですが、それと並行して自社でもVISAブランドなどで「セゾンカードインターナショナル」というクレジットカードを発行しているため、この場合はセゾンカードインターナショナルがクレディセゾンのプロパーカードとなります。

厳密な意味でのプロパーカードと提携カードの違い

プロパーカードはカードステイタスが圧倒的に高い

では、プロパーカードと提携カードにはどのような違いがあるのでしょうか?

その最大の違いは何と言ってもそのカードステイタスにあります。

一概にプロパーカードだからステイタスが高い、提携カードだからステイタスは低い、というような事は言えませんが、事実上プロパーカードに関してはクレジットカード会社が直接審査の上発行しているカードだけあって、その審査も厳し目です。

しかし、その分だけ申込者に高い社会的な信用力(年収やクレヒスなど)が無いと取得できない=ステイタスが高いという図式が成立します。

またプロパーカードに関しては各種ゴールドカードなどの上級カードの発行も行っており、その最上級であるブラックカードの発行も行っています。

提携カードではゴールドカード止まりな事が多いので、さらにその上を目指すのであればよりステイタスの高いプロパーカードの取得がマストですね。

特定の店舗でのサービスは提携カードが上位

ただし、プロパーカードは提携カードではないため、特定の店舗やサービスを受ける上でのメリットは特にありません。

その分だけプロパーカードには様々な特典が独自に付帯しているケースもありますが、やはり提携カードの特典の多さには勝てないのが現状です。

というのも、そもそも提携カードは「自社の店舗などで沢山買い物をしてもらうため」に様々な割引特典をつけたり、ショッピングやサービスの利用時に高い還元率でポイントをつけたりしています。

反対にプロパーカードの場合は特に「ここの店舗で多く利用して欲しい!」といった特定の店舗やサービスが存在しないため、このあたりのカバー力は薄めになっています。

この時点でプロパーカードと提携カードでは見据えている利用シーンが異なりますので、結果として両者のカードの間にはおトク感で差が生じているのです。

評判のいいオススメのプロパーカードを紹介

JCBカード・JCBゴールドカード

プロパーカードのJCBカード、JCBゴールドカードという有名なクレジットカードがあります。

これはJCBが独自に発行している文字通りのプロパーカードで、言うなれば天下御免のJCBプロパーカードです。

審査こそ若干他の提携カードなどよりは厳し目ですが、その分だけ旅行保険や海外でのショッピング時に適用可能なショッピング保険が付帯しています。

またJCBゴールドカードともなれば更にその特典は豪華なものとなり、例えば旅行時に飛行機が遅延するなどの理由でスケジュールに支障をきたした場合は一定の範囲で保険がおりますし、国内主要空港であれば空港の特別ラウンジを利用することだって可能です。

更にゴールドカード会員専用のカスタマーデスクが用意されていますので、何か聞きたいことがあって電話をしたのに中々電話がつながらないといったイライラともおさらばです。

そして何より嬉しいのが、健康相談やお金に関する相談などを、いつでも電話一本で専門家に聞くことが出来るという独自のサービスです。

JCBゴールドを持っていれば、自身や家族の体調に関する気になることやちょっと専門家に聞いてみたいというようなことについては看護師または医師に、お金の処理や各種資産運用に関する事はフィナンシャルプランナーなどの専門家に、それぞれ電話一本で相談を行う事ができるようになっています。

こういった専門家に時間を取ってもらって話を聞き、ある程度のアドバイスをもらうとなると通常はきちんと所定のアポを取ってこちらから事務所や病院に出向き、そこで初めて相談をすることが出来るのが通例ですので、これが電話一本で済んでしまうというのはなかなか豪華な特典だと言えるでしょう。

アメリカン・エクスプレス・カード

日本国内でアメックスカードと言うとクレディセゾンが発行しているクレジットカードという印象がありますが、実は厳密にはアメリカン・エキスプレス本家が日本向けにも直接カードを発行しており、こちらが本家本元のアメックス・プロパーとなります。

こちらのカードは年会費こそ他のプロパーカードに比べて抑えられているのですが、そのステイタスに関しては折り紙付きです。

またカードフェイスも海外仕様のアメックスプロパーカードと全く同じですので、全世界何処へ行ってもこのプロパーカードを堂々と使うことが可能となっています。

さらに特典としてアメリカン・エキスプレス・セレクトという会員向けサービスを展開しており、旅行、ショッピング、食事などの様々なシーンで優待を受けることが出来るようになっています。

例えばビジネス上の会食からデート、家族での特別な記念日まで、一流のレストランで食事をする場合には一定の割引が受けられたり、ホテルやリゾートなどでもこのカードを提示して支払いを行う事で各種のサービスが受けられます。

特にそういったサービスを行っていないホテルなどでもこのカードを提示して支払いをすれば、それだけで一流の上客として一目置かれることは間違いないでしょう。

事実、ネット上の口コミサイトや各種SNSでは「ホテルの支払い時にアメックスプロパーを使ったら部屋をアップグレードしてもらえた」といった報告や「ホテルのバーでウェルカムドリンクを振る舞ってもらった」といった報告があがることもあり、そういったことからもアメックスプロパーのステイタスの高さをうかがい知ることが出来ます。

ダイナースクラブカード

あまり日本では馴染みのないブランドですが、こちらのダイナースカードもステイタスの面では非常に高級志向でオススメな一枚です。

ダイナースの提携カードでも充分なステイタスを感じますが、プロパーの方がやはり重厚なサービスを受けることが可能です。

またダイナースプロパーの場合は利用限度額に一律の制限がなく、持っているだけで空港のラウンジが利用可能だったり提携のレストランなどでのサービスが受けられるなど、様々な特典があなたを待っています。

特に「エグゼクティブダイニング」は紹介せずにこの記事を終わることは出来ない、そんなサービスとなっています。

これは普段予約が取りづらく、数日前にちょっと電話したくらいではまず予約が取れない様な有名レストランでコース料理を2名で利用すると、なんと1人分が無料になるという驚異的なサービスとなっています。

さらに「一見さんお断り」としているような厳格な高級店や料亭なども、ダイナースさえあれば敵ではありません。

どうしてもそういうお店を使いたい!ここで勝負をかけたいんだ!という場面では、ダイナースのデスクに電話をして、「●●という料亭を使いたいのですが、あいにくツテが無いんです・・・」と相談してみましょう。

多くの場合はダイナースからそのお店に「このお客様は当社の大事なお客様ですから、席を取って頂けませんか?」と、まるで常連からの紹介の様にアプローチをしてくれます。

そんな力添えを得て会食を楽しんだ際は、最後の最後でまた特別なおもてなしが待っていることがあります。

それが「サインレススタイル」です。

つまり、お会計はダイナースのデスクの方で全て処理をしてくれるのでそのままお店を出ることが出来るのです。

ここまで来ると非常にかっこ良すぎて、カードを使った本人も、またゲストの人も、テンションがうなぎ登りになることでしょう。

まとめ

この様にクレジットカードには国際ブランドや発行会社の系統による違いの他にも「プロパー」と「提携」という違いがあります。
一般にステイタスが高いとされているのは、より高い信用力が無ければ審査に通過することが難しい「プロパー」のクレジットカードです。

これらのカードの場合は持っているだけで様々な特典を受けられたり手厚いサービスが付帯しているため、ハイクラスな生活を送るにはうってつけという特徴があります。

反面、提携カードの方はプロパーの様なハイクラスなサービスやステイタス性が薄い代わりに買い物などの際に割引やポイントの加算が受けられるなどの実質的なメリットが多く、受けられるサービスも非常に多岐にわたります。

そのため、クレジットカードを選ぶ際に「ステイタスの高さとハイクラスな接遇」を求めるのであればプロパーカード、実質的なサービスや割引などのおトクな特典を求めるのであれば提携カードがオススメです。