審査なしでクレジットカードは作れる!?審査に怯える人に勧めたいクレカ厳選2選

クレジットカードが持てないと悩んでおられる方、以外にも多いのではないでしょうか。近年は若い人でも奨学金の返済難となり、信用情報に傷を持ったクレヒスブラックと呼ばれる人も多いと言われています。

そんな悩みを抱えている人でも、審査不要で持てるカードがあったとしたらどうします!?もちろん持てるのであれば持ちたい!と皆さん思うでしょう。
そんな悩める人にもカードライフを楽しんでもらえるように、ここでは審査なしでも持てるカードについて紹介したいと思います。

審査不要で持てるカードなんてあるの!?

クレジットカード発行には必ず審査がある

クレジットカードを発行してもらうためには、どうしても審査を受ける必要があります。

というのもクレジットカードも本質的には「買い物した分の代金を立て替えてもらう」=「その分のお金をカード会社に借金する」という事になりますし、その手数料や利息がカード会社の利益のキモになりますので、カード会社各社もある程度申し込んできた人が「きちんとお金を返してくれるのか」という部分を審査する必要があります。

これを一般的に「返済能力の有無の調査」と呼んだりするのですが、クレジットカード各社はこの返済能力の調査を元に

「この人はちゃんと返済能力がありそうだから、カードを発行しても大丈夫かな」

「この人はちょっと返済能力に問題がありそうだから、今回はちょっとカードの発行はお断りしよう」

「おおっ、こちらのお客様は有名な大企業に勤めていてものすごく返済能力が高くて、バンバン買い物して頂ければその分だけウチの利益にも繋がるぞ!よし、特別にグレードの高いカードを発行してさしあげよう!」

など、それぞれ申し込んできた人に対してランク付けを行うのです。

このステップが無ければカード会社は確実に貸したお金を返済してくれるかどうかも分からない人にホイホイとカードを発行するだけの会社になってしまい、単なるボランティア精神に溢れるギャンブラーになってしまいます。

そういった事情から、審査不要でクレジットカードを発行することは出来ないのです。

クレジットカードの「審査」について知ることも大切

では、クレジットカードの審査は一体どのような部分を見て、どういったデータから「この人は返済能力が高い」とか「この人は返済能力がなさそうだ」という結論を出しているのでしょうか?

一般的にクレジットカード各社は申し込みがあった時にまず、申込者が申告してきた内容を見て

  • ちゃんと職についていて、安定した収入を得ているかどうか
  • 実際にいくらくらい稼いでいるのか
  • いつでも連絡がつく電話番号はあるかどうか
  • 自宅が賃貸なのか、あるいは資産価値のある一戸建てなのか
  • 何かあった時に代わりに払ってくれるような同居の家族はいるかどうか
  • 一年間で支払いに使えるお金はどのくらいあるのか

といった情報を一つずつ整理していきます。

さらに、過去のクレジットカードやローン、奨学金、携帯の分割などいわゆる「ローン」について一人ひとりの情報を保管している「個人信用情報機関」という所に問い合わせを入れて、

  • この人は過去にどういった契約をしてきたのか
  • 支払いの延滞はしていないかどうか
  • あるいは長期の支払い遅れで「金融事故(ブラックリスト)」に入っていないかどうか

という情報を確認し、審査の材料にしていきます。

なお、この辺りの詳しい情報については当サイトの記事でもある【「審査が甘い」には注意!クレジットカードの審査について理解してますか?】

でも詳しく・わかりやすく解説していますので、こちらの記事と一緒にこの後の記事を読み進めるとスムーズです。

必ず審査はあるが、審査基準がやさしいとされるカード2選

ACマスターカード

今や日本には星の数ほどのクレジットカードが発行されており、その審査基準や審査の厳しさもバラバラです。

しかし、審査基準が易しいとされるカードも確かに存在します。

そんな審査が易しめのカードを一枚挙げて下さい、とクレジットカード上級者や業者の人に聞くと、おそらく100人中90人くらいはその名を挙げるのではないかというくらい審査が易しいと言われているのが、こちらの「ACマスターカード」です。

これは日本で唯一、消費者金融系の会社が発行しているクレジットカードでその発行元は消費者金融として非常に有名なアコムとなっています。

通常のクレジットカードは銀行や信販会社などがクレジットカード専用の審査基準を持ってそれぞれ審査業務にあたっていますが、こちらのACマスターカードは消費者金融であるアコムがその消費者金融業で培ってきたノウハウを元に他のどこのカード会社とも違う独自路線での審査を実施しています。

通常のクレジットカード会社であれば「このお客さんは審査上あまり良い状況ではないから、発行は見送ろう」と考えるような案件であっても、アコムは「この程度の信用状況のお客さんなら、ウチはもう何千人・何万人と貸し付けてきたよ!ウチにはちゃんと消費者金融としての回収ノウハウもあるし、この人は他の会社では断られたようだけどウチはカードを発行してあげよう!」

といった判断を行うため、他のクレジットカードの審査には落ちたけど、このカードの審査には通った!という声も多く聞かれます。

また、こういったエピソードからも分かるようにクレジットカード会社の審査よりは消費者金融の審査の方が若干易しめという事情もカードが発行し易いと言われる要因の1つとなっています。

さらにクレジットカード会社の場合は状況によっては申し込みからカードの発行まで一切電話などでのコンタクトが無く、信用情報だけを見て判断するような非常にドライな契約になってしまうという側面があるのは否めない事実です。

その反面、アコムの場合はやはりダイレクトに現金を貸す事を商売にしている会社ですから、それなりに親身になってお客さんから話を聞こうとする姿勢が特徴的です。

アコムの場合はまず「今回はどういったご事情でクレジットカードを持ちたいのですか?何かお困りでしたか?」と非常に暖かく話を聞いてくれたり、例え審査に不安があったとしてもその事をキチンと電話で伝える事が可能です。

「消費者金融はチンピラみたいな人がスタッフをしている」といったイメージを持つ人も多いのですが、最近は全く違います。

アコムの担当者さんは徹底された教育を受けているため、申し込みの段階でイキナリ怖い事を言われるなどという事はありませんし、言葉も非常に丁寧で会話の途中にちょっとした笑いが生まれるような瞬間さえよく生まれるほど、申込者の緊張を和らげるように努力しているのが伝わってきますよ。

もし手続きがよく分からなければ素直にそう伝えることでわかりやすく何度でも説明をしてくれますし、緊張して上手くしゃべれない時は「すみません、緊張していて・・・」と言えば「大丈夫ですよ、ゆっくりお手続きを進めましょうね」と答えてくれるような風土がアコムには広がっています。

もしクレジットカードを取得したいと思ってこの記事をお読みで、さらに審査に自信がないと思っておられるのであれば、この次に紹介する楽天カードと一緒に、こちらのカードにトライしてみるのがおすすめです。

楽天カード

もはや皆様ご存知、楽天カードが堂々の選出です。

最近は楽天カードマンもテレビに出てきてから数年が経過し、もう彼を数日見ないと何となく心配になってくるような、そんな存在になりつつありますね。

それだけ継続してCMを出せると言うことはそれだけ顧客が多く、また顧客満足度が高いことから楽天カードもますますブームが沸騰しているという事に他なりません。

実は楽天カードは元々審査が非常に柔軟だと言われており、CMの通り申込時にわずらわしい申込書や契約書を読んでハンコをついたり、身分証明書のコピーをわざわざ郵送で送ったりと、そういう面倒なステップも一切簡略化されているのが人気のポイントでもあるのです。

また、あれだけCMを放送しているのですから初めてのクレジットカードを楽天カードにする人も決して少なくありません。そういった事情を考慮しているのか、楽天カードは過去にクレジットカードやローンなどを利用した実績(通称クレヒス、といいます)が無くても柔軟に審査をしてくれるケースが非常に多く聞かれます。

また多少過去の利用状況に難があっても何かと目をつぶって発行まで進んでくれたという声もネット上には数多く存在し、一般的に審査のハードルが低いカードと言われています。

【番外編】審査無しで持てるクレカ決済機能があるカード

クレカ所有者の「家族カード」

物理的に審査無しで持てるクレジットカードとして、家族カードという選択肢もあります。

これは既にクレジットカードを持っている家族が所有するカード(本カード、または本会員カードと呼びます)のいわばサブカードとして、家族の名義で持てるクレジットカードとなっています。

これはあくまでもサブカードとしての位置づけなので本カードと同じ利用限度額を共有することになるなど一定の制約があるものの、発行審査自体はすでに本カードの会員である家族が受けていて合格しているので家族カードの名義人自体は審査を受ける必要がありません。

もし親御さんなどがクレジットカードを持っているという場合は相談してみるのもひとつの選択肢でしょう。

銀行口座から即時引き落としの「デビットカード」

日本国内でもここ10年くらいで有名になってきたのがこの「デビットカード」です。

これはクレジットカードと同じようなデザインのカードが発行され、発行の時の審査も原則として不要なカードとなっており、最近は「JCB デビット」などテレビCMなどでもバンバン宣伝されるようになりました。

また、クレジットカードとの最大の違いは「銀行口座と直結している」という点です。

クレジットカードは買い物をした利用分について一旦カード会社が立て替えておき、毎月の請求時にまとめて支払いをしてもらうという方式であるのに対してデビットカードは原則として「一回払い、即時銀行口座から引き落とし」という鉄則があります。

つまりデビットカードを使うには最初に銀行口座にある程度のお金を入金しておくことになり、デビットカードで買い物をした際にはその入金したお金から利用分が即時に引き落とされるというシステムになっています。

この方式が採用されているからこそ原則として発行に審査が必要ないとされているのです。

最近ではネットショッピングなどでこのデビットカードを使う機会が増えてきましたので、利用者も徐々に増加傾向にあります。

ただし、イオン銀行が発行しているイオンデビットカードやスルガ銀行が発行しているスルガデビット(通称スルデビ)、また一部JCBが国際ブランドになっているデビットカードなどの場合は発行審査が行われるケースもあります。しかしこちらの審査は通常のクレジットカードよりも格段に穏やかなものになっていますので、まず審査に関して心配する必要はないでしょう。

ただし、どちらも「カードが持てない」悩みの解決にはならない

ただし、これらのカードはどんなに利用したとしても利用者本人のクレジットカードとしての利用実績にはならずあくまでも「クレヒスが育たない」という状況のままで時間が流れて行くことになります。

そのためクレジットカードを持てないという悩みの根本的な解決策にはならずあくまでも代替案でしのいでいるだけでしかありませんし、この方式で何年も生活をしているとクレヒスの無いまま年齢を重ねてしまい、最終的によりクレジットカードを持てないということにもなりかねません。

あなたの願いは「クレジットカードを持ちたい」ということだったはずです。

その願いを叶えるためには先ほど紹介した2つのクレジットカードを取得し、きちんと利用してクレヒスを積み上げていく(利用実績を着実に作っていく)ことこそが一番の近道です。

あくまでも詳しく紹介をするために代替案はいくつか紹介しましたが、今この記事を読んでいるあなたが本当に求める答えは「楽天カードに申し込んでカードをゲットする」または「ACマスターカードに申し込み、マスターカードを取得する」という2つなのです。

まとめ

初めてのクレジットカードを所得する時、誰だって情報が無ければ緊張したり怖いと感じたりしてなかなか最初の一歩を踏み出すことは出来ません。

しかし、詳しい情報を知っていれば必要以上に緊張する必要はありませんよね。

そこで今回の記事ではクレジットカードの審査について、審査が易しいとされるクレジットカードについて、そしてクレジットカードを持ちたいという悩みを解決するためには?という内容でお送りしてきました。

この記事を読んで納得した時が、申し込むタイミングです!

楽天カードとACマスターカード、あなたはどちらを先に申し込みますか?