Amazonクレジットカードの審査の難易度やポイントプログラムの詳細

Amazonクレジットカードの審査の難易度やポイントプログラムの詳細

Amazonは通販業界1位の売上高を誇っており、誰もが利用したことがある通販サイトといっても良いでしょう。

そのAmazonでは、2種類のクレジットカードを発行しており、そのAmazonのクレジットカードを使って買い物をすると、自分のamazonのアカウントにポイントが自動的に貯まっていきます。そして、そのポイントをすぐに次の買い物に使えるので、お得なうえに利便性が高いことが特徴です。

Amazonが発行しているクレジットカードはクラシックとゴールドの2種類があります。年会費やポイント還元率、付帯特典に違いがありますので、あなたのライフスタイルに合ったぴったりのカードを選びたいものです。

それでは、AmazonクレジットカードであるAmazonクレジットカードクラシックとAmazonクレジットカードゴールドについて詳しく見ていきましょう。

amazonクレジットカードとは

Amazonクレジットカードは、クラシックとカードゴールドの2種類

Amazonクレジットカードは、人気通販サイトの「amazon」が発行しているクレジットカードです。

amazonは、当日配送、翌日配送などのスピーデイな配送システムだけではなく、動画や音楽配信を行うなど、一般的な通販サイトの枠を超えて様々なサービスを提供しており、利用者がますます増加している、業界1位の有力な通販サイトです。

このamazonが発行しているクレジットカードが「Amazonクレジットカードクラシック」と、「Amazonクレジットカードゴールド」です。

これらを使って買い物をすると、ポイントが貯まり、よりお得にamazonを利用することができますので、amazonユーザーにはぜひチェックしてもらいたいクレジットカードとなっています。

Amazonクレジットカードゴールドは、様々なサービスを利用できる

また、Amazonクレジットカードのクラシックでは、Amazonプライム会員サービスを無料で使うことができることもメリットとなっています。

Amazonプライムとは、年会費の3900円を支払った人向けに行っているサービスで、写真を無制限で保存できるプライムフォト、映画やTV番組が見放題のプライムビデオ、音楽が聴き放題のプライムミュージックなど、魅力的なサービスがたくさん用意されています。

また、プライム会員限定の商品を買うことができたり、必要なものを1個から買ってまとめて配送してもらえるamazonパントリーなども利用でき、充実したサービスを受けることができます。

Amazonクレジットカードのゴールドを保有すると、このAmazonプライムを無料で利用できるということも魅力の一つとなっています。

amazonクレジットカードの審査の流れ

Amazonクレジットカードのクラシックとゴールドの申し込みは、Amazonのページから行います。

カードの申し込み画面は、Amazonのお買い物画面になっていて、まるでカードを買ってカートに入れるような、そんな気軽な感覚で申し込みができるようになっています。

買い物をする画面でサインインを行ってから、Amazonクレジットカードクラシック、もしくはゴールドの申し込みを行います。

審査

Amazonクレジットカードは申し込み時に、即時審査サービスを利用することができます。クラシックでも、ゴールドでも即時審査サービスの利用が可能です。申し込みを行うと、約3分間の審査があり、審査結果が画面に表示されます。

審査が通ると、Amazonテンポラリーカードという仮カード番号のようなものが発行され、それが自動的にAmazonアカウントに登録されます。

つまり、Amazonのクレジットカードを申し込んだ時点より後の買い物は、実際のカード発行を待つことなく、きちんと1.5%(クラシック)もしくは2.5%(ゴールド)のポイントが加算されていくということになるのです。ユーザーとしては手間もかからず、ポイントも逃さずに貯めることができるシステムになっています。

この即時審査サービスの受付時間は午前9時から午後7時までとなっています。この時間以外での申し込みでは、審査結果がメールで届きます。

審査の難易度ですが、レギュラーカードであるAmazonクレジットカードクラシックは、比較的審査が通りやすいと言われています。しかし、ゴールドの場合は審査がそれなりに厳しいようです。

これらのクレジットカードの審査は三井住友カードが行っています。クレジットの審査において、銀行系のクレジットカードは審査が厳しいことが知られていますので、「ゴールドカードとは言っても、Amazonだから審査が簡単」というわけにはいかないようです。

満20歳以上であり、安定的な収入がある人という条件ですが、それを満たしていても通らない場合がありますので、そのことをよく理解した上で申し込みをしましょう。

カード発行

カード発行は、最短で3営業日です。簡易書留にて自宅にカードが発送されます。Amazonのアカウントにサインインしてカード申込みを行っていますので、そこに登録されてある住所に届くことになります。

amazonクレジットカードの詳細

Amazonクレジットカードクラシック

Amazonクレジットカードクラシックは、Amazonの2種類のクレジットカードの中では、レギュラーカードに当たるカードで、三井住友カード株式会社が発行しています。国際ブランドは、名前の通りMasterCardのみとなっています。

年会費

年会費は初年度無料、2年目以降は1350円です。しかし、1年に1回でも利用すれば、翌年の会費が無料になるという仕組みですので、実質年会費は無料と言えます。

ポイントの還元率

Amazonでの買い物では、Amazonでの利用額100円につき1.5%のAmazonポイントが貯まります。還元率は1.5%ということですね。

ただし、プライム会員や、学生向けの「Amazon Student会員」の場合は、ポイント加算率が2.0%にアップしますので、よりお得にポイントを貯めることができます。

Amazonのサイト以外での買い物では、利用額100円につき1%のポイントが貯まり、還元率は1%となります。

還元率が1%だと、クレジットカードの中では比較的良い還元率です。Amazonでの買い物も、それ以外の買い物でもしっかりとポイントを貯めることができるカードであると言えます。

ポイントの有効期限

貯まったポイントの有効期限は1年となっています。

しかし、新たにAmazonでの注文が確定されるたび、またはポイントが追加されるたびに1年更新されますので、普通に買い物をしている限りは、ポイントは実質無期限ということになります。

その他のサービス

通常入会ボーナスとして、5000ポイント(5000円相当)のAmazonポイントがもらえます。

買い物あんしん保険

最高100万円まで補償されます。1事故につき、自己負担金は3000円です。

 Amazonクレジットカードゴールド

2種類あるAmazonカードの中で、上位に当たるカードがAmazonクレジットカード ゴールドです。amazonでの買い物でのポイント還元率が高く、付帯サービスも充実しています。

年会費

年会費は初年度から10800円(税込)がかかります。

1万円を超える年会費が設定されており、かかる費用としてはかなり高く感じるかもしれませんが、利用状況により6480円(税込)の割引を得ることが可能です。その条件は以下のようになっています。

・マイ・ペイすリボを登録し、年に1回利用すると年会費が半額

マイ・ペイすリボとは月々の支払額を自分で設定できるリボ払いのことです。カード申込の際には3万円と設定されていますが、申し込み後に自分の好きな金額を設定することができます。

リボ払いの手数料を支払いたくない、という人は、カード限度額いっぱいの金額をリボ払い設定しておくとよいでしょう。使った金額そのままを次月に支払うことになり、リボ払いの手数料を支払う必要がなくなります。

2年目以降も同じように、マイ・ペイすリボの登録継続と年1回以上の利用により、カードの年会費が半額となり、5400円が割引されます。

・毎月の利用明細をWebで受け取ると、1080円の割引

毎月の利用明細を郵送ではなく、Webで受け取るだけで、1080円の割引を受けることができます。

この二つの条件を満たすと、合計で6480円が割引になり、年会費を半額以下の4320円まで下げることができます。

ポイント

Amazonクレジットカードゴールドでは、Amazonでの利用額に対し、2.5%のAmazonポイントが付与されます。クラシックよりも1%高いポイントがもらえますので、amazonをよく利用する人にとってはとてもお得です。

amazon以外の利用では、クラシックと同じように、利用額に対して1%のポイントがもらえます。

特典

特典1 Amazonプライム会員サービスを無料で使うことができる

Amazonクレジットカードゴールドでは、年会費が3900円かかるAmazonプライムを無料で使うことができます。

つまり、実質3900円の割引があるということになるので、マイ・ペイすリボとウェブ明細での割引である6480円と3900円を合わせ、合計で10380円分がお得です。

10800円かかる年会費が実質420円となり、ほぼ無料となります。Amazonプライム会員の特典の内容は以下のようになっています。

 ・お急ぎ便や日時指定便の追加料金が無料

通常配送だと数日かかるものも、最短で翌日に届く「お急ぎ便」などを無料で何度も利用することができます。実際利用してみると、素早く欲しいものを手に入れることができるので、便利さを実感できます。

 ・Amazonプライムビデオが見放題

Amazonプライムビデオのサービスが開始された当初は、サービスの認知度も低く、ラインナップも多くはなかったのですが、どんどん充実してきています。

カテゴリーも50以上あり、「注目映画」「字幕版映画」「日本のTVドラマ」「お笑い・バラエティTV番組」「キッズ向け映画」など様々な分野の映像が楽しめます。

映画やアニメだけではなく、TVで放送されたバラエティ番組はドラマなども見られるのが嬉しいですね。

・プライムミュージックが聴き放題

プライム会員ならば、100万曲以上の楽曲、数百のプレイリスト(例えば、「TV CM洋楽ソングス」や「ポップス ヒッツ」「晴れた朝に聴きたい洋楽」など、気分に合わせて選ぶことができます)、プライムラジオ(プライムミュージック対象の楽曲をジャンル別にし、24時間いつでも途切れることなく聞くことができます)をすべて無料で、ストリーミング再生で楽しむことができます。

ストリーミング再生とは、ネットワークを経由し、ダウンロードしながら再生する方法です。再生が完了した後は、そのデータが消去されるのが特徴で、もう1回聞きたい場合は、再度データを受信する必要があります。

ストリーミング再生はダウンロードではないため、スマホやパソコンの容量が減らないということがメリットです。

しかし、常にデータ通信を行っているということになるため、スマホで利用する場合は注意が必要です。設定されているモバイルデータ通信量の上限にすぐに達してしまう場合がありますので、Wi-fi環境で利用する方がよいでしょう。

・プライム・フォトを利用できる

写真の保存ができるフォトストレージを無制限で利用できます。コンピューターやスマートフォン、タブレットなどからファイルにアクセスすることができます。

・プライム会員限定のフォトストレージ(ファイルとビデオ用)を5GBまで無料で利用できる
・プライム会員限定の先行タイムセールに参加できる

Amazonプライム会員は、タイムセールに30分早く参加することができます。通常、タイムセールは数量限定なので、完売次第終了となりますが、30分早く参加できることで、希望の品を手に入れられる確率が高くなります。

・Kindle端末を持っていると、電子書籍を1か月につき1冊、無料で読むことができる

Kindle電子書籍リーダーやFireタブレットを持っている人は、2万冊以上の和書、60万冊以上の洋書の対象のタイトルの中からお好きな本を、1か月に1冊、無料で読むことができます。ベストセラーやコミックも含まれているので、好きな一冊を選ぶことができます。

特典2 海外傷害保険が付帯

海外渉外保険が付帯しているので、安心して旅行を楽しむことができます。

海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害 最高5000万円
治療費用 300万円(1事故の限度額)
携行品損害 50万円(自己負担:1事故につき3000円)          これは、1旅行中かつ1年間の限度額です。
賠償責任 5000万円(1事故の限度額)
救援者費用 500万円(1事故の限度額)
海外旅行傷害保険の注意 傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等をクレジットカードで支払ったかどうかにより、最高補償額が異なります。
国内旅行保険
死亡・後遺障害 最高5000万円
治療費用 入院保険日額 5000円
通院保険金日額 2000円
手術保険金 最高20万円
国内旅行保険の注意 傷害死亡・後遺障害補償は、事前の旅費等をクレジットカードで支払ったかどうかにより、最高補償額が異なります。
その他付帯保険
その他付帯保険 ショッピング補償(動産総合保険) 最高300万円      (自己負担は1事故につき3000円)
 特典3 全国の主要空港ラウンジサービスを無料で利用できる

当日の搭乗券とカードを見せると、全国の主要空港のラウンジを利用することができます。同伴者も、料金を支払えば利用できます。

利用のために支払う金額は空港によって違いますが、羽田空港の場合は、同行者1名につき1030円必要です。

 特典4 買い物あんしん保険

最高300万円まで補償されます。1事故につき、自己負担金は3000円です。

クラシックとゴールドでは、年会費やポイント還元率、付帯する特典に違いがありますが、それではどちらがお得なカードと言えるのでしょうか。

ゴールドカードは年会費が10800円ととても高い印象ですが、マイ・ペイすリボの登録やプライム会費の無料特典などにより、実質420円にまで引き下げることができます。

すでにプライム会員になっている人や、これからなりたい人にとっては、プライム会費が無料になるので、ゴールドカードのほうがお得といえます。

また、実質420円の年会費でゴールドカードを持てるということは、メリットが大きいと言えます。

なぜならば、ゴールドカードに付帯している空港ラウンジサービスや海外傷害保険などの特典を、420円という低価格で利用できるということになるからです。

一般的なゴールドカードの場合は、どの種類のカードでも1万円程度の年会費がかかります。

そのことを考えると、アマゾンのゴールドカードは、とても安い年会費で保有できるお得なゴールドカードということができます。ポイントもAmazonでの利用で2.5%しっかりと貯まりますので、Amazonでのお買い物が多い人にとっても、ゴールドカードがおすすめです。

しかし、Amazonカードのクラシックも、年会費が無料というところが魅力ですし、気軽に申し込めるというメリットがあります。

Amazonでのお買い物では1.5%のポイントが貯まり、一般的なクレジットカードに比べて高い還元率となっています。また、Amazonカードのクラシックに限り、キャンペーンで5000ポイントをもらうことができます。

これらのことを考えると、まずは年会費無料のクラシックに申し込み、新規入会特典である5000ポイントを獲得し、その後ゴールドカードを検討するというのが、一番賢い選択と言えるでしょう。

amazonポイントを貯めるならほかのカードの方がお得?

amazonクレジットカードのクラシックとゴールドを比較してきましたが、実はamazonポイントを貯めるなら、他にもお得なクレジットカードがあります。それらのカードを紹介しておきます。

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカードは2種類あり、特徴はこのようになっています。

 オリコカードの特徴

オリコモールを経由してのAmazonでの買い物 通常の買い物
オリコカード・ザ・ポイント(年会費無料) 2.0%(入会後6か月は3.0%) 1%
オリコカード・ザ・ポイント プレミアム    (年会費1806円) 2.5%(入会後6か月は3.5%) 1%
100円につき1オリコポイントが貯まります。1オリコポイント=1円相当。500オリコポイントより交換可能。

amazonクレジットカードの特徴

オリコモールを経由してのAmazonでの買い物 通常の買い物
Amazonクレジットカードクラシック 1.5% 1%
Amazonクレジットカードゴールド 2.5% 1%

オリコカード・ザ・ポイントとAmazonクレジットカードクラシックを比較

レギュラーカードで年会費が無料の「オリコカード・ザ・ポイント」のカードを使い、オリコモール経由で買い物をすると、Amazonの買い物で常時2%のポイントが還元され、同じように年会費が無料の「amazonクレジットカードクラシック」よりも0.5%高いポイント還元率となります。

特に、オリコカードへの入会から6か月はamazonでの買い物に、3%ものポイントが付与され、ポイント還元率が大幅に高くなります。

amazonクレジットカードクラシックのポイント還元率は、Amazonの利用で1.5%ですので、二つのカードを比べると、還元率が2.0%のオリコカードの方がポイントをしっかりと貯めるには有利です。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムゴールドは、オリコカードの上位カード(ゴールドカード)で、オリコモールを経由すると、Amazonでは常時2.5%、入会から6か月は3.5%のポイントが貯まります。

ただし、年会費が1806円(税抜)かかってきますので、こちらのカードはオリコモール経由の買い物が多い人におすすめです。

オリコ・ザ・ポイントプレミアムとAmazonクレジットカードゴールドを比較

それでは、Amazonゴールドカードとオリコカード・ザ・ポイントプレミアムではどちらがお得でしょうか。

Amazonクレジットカードゴールドでは、Amazonの買い物で2.5%のポイントが貯まり、オリコのプレミアムでも2.5%の還元率ですので、ポイント還元率は同じです。

しかし、オリコのゴールドカードは、入会から6か月は3.5%のポイントがもらえます。

オリコカード・ザ・ポイントプレミアムは、年会費が1806円かかりますが、Amazonクレジットカードのゴールドは10800円です。

ただし、これまでに説明したように、Amazonのゴールドカードは、実質の年会費は420円にまで下げることができます。

このように比べてみると、ポイント還元率も同じで、Amazonの利用ではどちらのカードもメリットがあります。しかし、ポイントの使いやすさではAmazonクレジットカードの方が、利便性が高くなっています。

オリコカードは、500ポイントにつきAmazonギフト券500円分に交換できるという仕組みです。

つまり、500ポイント以上貯めないとAmazonギフト券に交換することができないというハードルがあります。また、オリコポイントをamazonの商品券に交換するという手間も発生します。

Amazonクレジッットカードでは、1ポイントから買い物に利用することができ、貯まったポイントはすぐに自分のアカウントに反映されますので、手間もかからず、ポイントを無駄なく有効活用することができます。

このように、Amazonでの買い物には、オリコカードもしっかりとポイントが貯まりますので、Amazonクレジットカードだけではなく、オリコカードも検討してみても良いですね。

JCBエクステージ

JCBエクステージはJCBのプロパーカードの一つで、入会から5年間は年会費が無料です。29歳以下の人しか持つことができず、また、最長で5年間しか保有することができません。

5年たつと、自動的にJCBの一般カードである「オリジナルシリーズ」に自動的に変更されてしまうのです。

オリジナルシリーズになると、年会費も1250円かかってきてしまうのですが、JCBエクステージを保有している最初の5年間は、高いポイント還元率で買い物をすることができます。

入会後3か月は3.0%、通常でも2.25%のポイント還元

JCBエクステージに入会後、最初の3か月間はAmazonの買い物で、ポイントが3.0%付与されます。4か月目以降も2.25%のポイントが貯まり、高い還元率となっています。

Amazonクレジットカードゴールドやオリコ・ザ・ポイントプレミアムの2.5%に比べて、還元率は若干劣りますが、このカードの強みは「年会費が無料」ということです。年会費がかからずに2.25%のポイントを貯めることができるのは大きなメリットです。

もちろん、年会費が無料のAmazonクレジットカードクラシック(Amazonで1.5%還元)やオリコ・ザ・ポイント(Amazonで2%還元)と比べても、一番多くのポイントを貯めることができます。

カード入会に29歳以下という年齢制限がありますが、この条件を満たしているならば、Amazonの買い物では、JCBエクステージが一番おすすめのカードと言えるでしょう。

このように、Amazonでの買い物では、Amazonでの利用に特にメリットがあるクレジットカードで決済した方がお得です。

Amazonクレジットカードだけではなく、オリコカードやJCBエクステージの特徴もしっかりと理解して、あなたに一番合ったクレジットカードを利用するようにしましょう。