ファミマTカードの審査・在籍確認の流れとポイントプログラムの詳細

ファミマTカードというクレジットカードがあります。

ファミリーマートとポケットカード株式会社が提携発行しており、利用に応じてTポイントも貯まっていくという性質のクレジットカードです。

今回はそんなファミマTカードについて審査と在籍確認の流れや、活用しておきたいポイントプログラムの特徴について調べてみました。

ファミマTカードの基本情報

ファミマTカードの券面

まずは、ファミマTカードの基本情報について確認していきましょう。

年会費は永年無料

ファミマTカードの年会費は永年無料です。

最近人気のあるカードは、年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードですが、ファミマTカードも同じ人気の要素を持っています。

年会費については無料ですが、家族カードは付帯しませんので注意が必要です。

ETCカードも年会費無料

ファミマTカードは、ETCカードの年会費・発行手数料ともに無料です。

ファミマTカード自体も年会費が無料ですから、ETCカードの発行・保有に一切費用がかからない、ETCカードが完全無料のカードです。

ETC利用分に対してポイントも付与されますから、ETCカードだけの発行を考えている方にもオススメできるカードとなっています。

また家族カードが付帯しないという背景から、ファミマTカード1枚に対しETCは1枚まで発行となっています。

なお、ETCカードも紛失・盗難の場合は紛失盗難等の規定が適用されれば補償が受けられます。

ファミリーマートで一番お得になるカード

ファミマTカードはその名の通り、コンビニエンスストアのファミリーマートで一番お得になるクレジットカードです。

いろんなポイントアップの方法があるのですが、最大で還元率は4.5%にもなります。

自宅や職場の近くにファミリーマートがあり頻繁に利用する方は、年会費もかかりませんから絶対に持っておくべき1枚です。

ポイントアップの日が狙い目!

ファミマTカードは、通常200円につき1ポイントが貯まるため、還元率は0.5%です。

しかし、ファミリマートでの利用やお得なポイントアップの日などを利用すれば数倍は還元率が上がります。こちらのポイントプログラム詳細については後ほど解説していきます。

また、iDやTマネーも付帯させることができ、もちろん利用に応じてTポイントも貯まる設計となっています。

リボ払い専用カード

ファミマTカードの大きな特徴は、支払い方法が「ミニマム・ペイメント」というリボルビング払い専用であるということです。

いわゆるリボ払い専用カードですね。

リボ払いは、手数料が高めに設定されているので必要でない時以外に利用するのはオススメできません。

ですから、ファミマTカードが手元に届いたら、会員ページから「リボルビング払い」を「全額支払い」に変更するようにしましょう。

こうすることで、通常の一括払い可能なカードと同じように利用することができるようになります。

ファミマTカードの審査の流れ

では実際にファミマTカードに申し込みをした際の審査流れについて確認していきましょう。

こちらのクレジットカードは申し込みの対象者が18歳以上(高校生除く)の方に限られていますので、反対に言えばその年齢制限さえ超えていれば申し込みが可能となっています。

クレジットカードの中には年齢などの他に勤続年数や年収によって申し込みの条件が規定されている所もありますので、そういった意味では非常に申し込みの間口が広いものとなっています。

審査

審査については、国際ブランドJCBということで多少厳しいと思われる方もいるかもしれませんが、実際にはファミマTカードという流通系のクレジットカードですので、そこまで審査の厳しさについて心配する必要はないでしょう。

ただし、現在進行形で他のクレジットカード会社や携帯の分割契約、或いはカードローン・キャッシングなどの返済に遅れが生じているという場合はその時点で審査に通過することが非常に難しくなりますので、まずはそういった遅延情報の解消、つまり完済を目指して行動することが先決です。

特に携帯の分割契約に関しては個人信用情報に影響しないと思っている方が非常に多いのですが、こういった流通系クレジットカードの場合は特に身近なクレジット契約である携帯分割契約についてその支払い遅れなどの情報を注視するという傾向にもありますので注意が必要です。

在籍確認

ファミマTカードの在籍確認については、クレジットカードの国際ブランドはJCBということもあり、全く在籍確認がないという訳には行きません。

他の口コミサイトやクレジットカードの解説サイトの情報を確認してみると、ほとんどの場合は本人確認・在籍確認ともに無い、というような声も聞かれます。

しかし、これは過去にJCBの国際ブランドのクレジットカードを発行した事があったり、あるいは個人信用情報(クレヒス)が非常に良好である場合などに限られます。

つまり、個人信用情報に何らかの問題があったり、或いは今まで全くクレジット契約情報がない(ホワイト)という場合にはファミマTカードの審査部門でも本人確認する必要がありますので、高い確率で電話などの確認が入ると思って良いでしょう。

申込方法と受取方法

ファミマTカードに申し込みにあたってはWebから、運転免許証を手元に置き申し込むと1番スムーズに審査が進行しやすいという特徴があります。

では順を追って申し込みの方法を見ていきましょう。

  1. 公式サイトの申し込みフォームを表示し、同意事項に同意し、必要事項を正確に記入する。
  2. 本人確認の電話が着信した際はなるべくはやく応対する。記入漏れなどなんらかの不備があって電話が着信する場合もあります。
  3. 審査に通過した場合、本人限定受取郵便でカードが郵送されてくるので本人確認書類を用意し自宅又は窓口で受け取る。

基本的には上記3ステップてクレジットカードの審査や発行が完了しますが、それぞれのステップで注意事項があります。

申し込み時の注意点

まず最初の申し込みについては、正確な審査を行うためにも、間違った情報の記入や情報が不正確な状態での申し込みは避けるようにしたいところです。

特に年収に関してはファミマTカードの場合、キャッシングさえ設定しなければあまり突っ込んで聞かれることはありませんが、あまりにも事実とかけ離れた虚偽の年収申告をしてしまうと審査側で「この人は年収に関してウソをついているのではないか」と疑われて審査に落ちてしまったり、
或いは審査上必要だということで年収を証明する書類の提出を求められしまう事もゼロではありません。

後々のそういったトラブルを回避するためにも、この申し込み情報に関しては正確かつ正直に入力するようにしましょう。

在籍確認時の注意点

続いて申し込みが完了した後で、審査の状況によっては本人確認或いは職場への在籍確認の電話が入ることがあります。この電話については、本人確認の場合は本人が、職場への在籍確認の場合は本人または同僚が電話に出て対応する必要があります。

特に本人確認電話の場合はこの電話に応答ができなかったということで、審査に落ちてしまったり、または本来付与されるべきの限度額から大幅に減額された限度額が設定されるケースもゼロではありません。

本来の審査状況であれば50万円のショッピング枠が付くところをたった一度の電話に出られなかったからということで10万円或いは5万円というショッピング枠になってしまっては大変な損ですので、こういった電話に関しては必ず出るようにしておきたいところです。

カード受取までの注意点

そしていざ審査に通過してクレジットカードの配送が始まるまでにはおおよそ申し込みから7日~10日程度の時間がかかります。

ただしこれは通常の時期の話であり、ゴールデンウイークやお正月、お盆、シルバーウィークなど連休を挟んでしまうとそれだけ発行までの時間が遅くなりますので、そこについても注意が必要です。

なお、こちらのクレジットカードの配送は日本郵便が提供する本人限定受取郵便で行われますので、カードの受け取りには本人確認書類の提示が必要となっています。

本人確認書類としては、有効期限内の運転免許証、旅券(パスポート)、写真付き住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カード、官公庁が発行した本人確認書類で写真付きのもの、健康保険証、国民健康保険証、あるいは年金手帳が挙げられます。

どうしても本人限定受取郵便はイヤだ!という場合

どうしてもライフスタイルなどの関係で本人限定受け取り郵便が難しい場合には、ファミマTカードに限っては裏技があります。

どうしても本人限定受け取り郵便での交付を望まないという場合には、ファミマTカードのオペレーターさんに電話をかけて、

「こちらの事情で申し訳ないのですが、本人限定受け取り郵便での受け取りが非常に難しいので、何とか書留で送っていただくことはできないでしょうか」

という相談をすることができます。

その場合は、多少審査通過からカードの発送まで時間がかかってしまうものの、先にこちらから本人確認書類の写しを郵送で送るという方法を案内してもらうことができます。

結婚や住所変更時に便利

結婚などで苗字、現住所が変わったという場合には、現在有効の身分証明書や本人確認書類をすぐに用意ができないということもあります。

そのような場合には、こちらから先手を打って本人確認書類を送付するという方法も非常に有効です。

多くの本人確認書類では住所、名前の変更については最寄りの発行機関まで直接出向いていって名義変更などの処理が必要となっています。

しかし、一部の年金手帳ではそのまま年金手帳に記載の住所や氏名をボールペンなど修正のできない筆記具で二重線を引き、上に新しい氏名や住所を記入することで、名義変更の手続きが完了したと見なされるものもあります。

ポイントプログラムの詳細

続いて、ファミマTカードのポイントプログラムについて紹介していきます。

こちらのクレジットカードはJCB加盟店でカードを利用した場合、利用金額200円につき1ポイントのポイント還元を受けることができます。還元率は0.5%という計算になりますね。

そしてJCB加盟店が中でもファミリーマートでの利用となると話が少し変わります。

この場合はショッピングポイントは200につき1ポイントがさらに付くことになりますので、合計で2ポイント、還元率は1%となります。

そしてこの他にも様々なポイントアップサービスが以下のようにあります。

ポイントアップ方法がたくさんある

カードの日

毎週火曜日と土曜日に、ファミリーマート全店でファミマTカードを提示し買い物をするとショッピングポイントが3倍になる「カードの日」というものもあります。

さらにクレジット払いを利用すると、クレジットポイントが2倍の計5倍のポイントが獲得できます。

レディースデー

毎週水曜日は女性の方に限り、ショッピングポイントが2倍になるという嬉しい特典もバッチリ用意されていますよ。

ファミマTカードの提示でこちらのショッピングポイント2倍という特典が有効になります。

若者応援ポイント

25歳以下の方がファミリーマートのお買い物でファミマTカードを利用すると、クレジットポイントが2倍になるという、少し業界でも珍しい「若者応援ポイント」というものもあります。こちらは26歳の誕生月末まで対象となっています。

Tポイントプラス

飲料水やお菓子など、ポイントアップとなる対象商品を購入する際にファミマTカードを提示するとポイントがもらえるキャンペーンも開催されています。定期的に対象商品が入れ替わるので、ちょっと気になる商品をTポイントプラスの時に試してみるのも良いかもしれませんね。

ステージ制プログラムも完備!

「ファミランク」というポイントステージ制が、こちらのクレジットカードには用意されています。

ファミランクとはファミリーマート全店で1ヶ月間の買物金額に応じて翌月のショッピングポイントが上がるというポイントプログラムです。

各ランクについては、下記のとおりです。

ランク ポイント付与の条件 ポイント還元率
ブロンズランク 1ヶ月で5,000円未満の利用で翌月のショッピングポイントは200円につき1ポイント 1.0%
シルバーランク 1ヶ月で5,000~14,999円利用で翌月のショッピングポイントが2倍 1.5%
ゴールドランク 1ヶ月で15,000円以上利用で翌月のショッピングポイントが3倍 2.0%

ショッピングポイントの他にクレジットのポイント分も合わせると、シルバーランクの還元率は1.5%、ゴールドランクとなると還元率が2.0%になりますので、これは大変お得ですね。

このファミランクはレディースデーなど他のポイントプログラムと併用されますので、ゴールドランク(ポイント3倍)にレディースデー(ポイント2倍)が合算されると計5倍のショッピングポイントが付与されます。

また、カードの日のショッピングポイント3倍の日にゴールドランクで利用するとショッピングポイントだけで6倍が見込めます。これにクレジットポイント2倍も合わせると還元率は4.0%にもなります。

ポイントの利用方法が多彩

こつこつ貯めたポイントですが、ファミリーマートやマルエツなどTポイント提携先で1ポイント1円として利用することができます。Tポイント提携先は約60万店舗ありますよ。

また、支払い時にTポイントと併用できる支払方法は、現金、QUOカードなどのプリペイドカード、Tマネー・楽天Edy・Suica・PASMO・ICOCA・Kitaca・WAONの電子マネー、ユニー・ファミリマートグループの商品券になります。

また、貯まったポイントはお菓子や家電などの商品と交換することもできますし、ANAマイルでは2ポイントを1マイルのレートでポイントを移行することもできます。

ファミマTカードの特典

様々な特典が付帯

ではファミマTカードの特典についてはどのようなことになっているのでしょうか。

こちらのクレジットカードは流通系のクレジットカードということもあり得にお買い物の面で役に立つ得典が多く付帯しているのが特徴で、それぞれ下記のような特典が用意されています。

「今お得」でオトクにお買い物

ファミリーマートでは赤い丸で囲まれた「今お得」というポップが掲示されている商品は、通常よりお得に買い物できる特別価格が表示された商品となっています。

さらにその特別価格の商品はファミマTカードを出すだけでさらに値引される商品もあるのです。

Tマネーの利用でもポイントが貯まる

TマネーというファミリーマートやTSUTAYAで利用できる電子マネーがあります。ファミマTカードではTマネーが付帯しているので、レジまたはWEBからチャージすると利用することができます。もちろん、クレジットカードからのオートチャージも可能となっています。

チャージは1000円単位から、最大3万円までチャージ可能です。

ポイントは月間の利用金額に対し、税込み500円につき1ポイントがつきます。また、
毎週水曜日にチャージすると5ポイントが追加でもらえるという嬉しいサービスもありますので、毎週水曜日は忘れずにチャージをしたいところですね。

iDでもポイント獲得が狙える

ドコモのおサイフケータイiDを利用することができ、iDでもしっかりポイントが付きます(切手や商品券などiDでは利用できない商品もありますがクレジット払いでは利用できるケースがります)。

ガストや牛角などTポイント提携先でiDを利用する際の注意点は、iDを利用するだけではクレジットポイントしか貯まらないため、iD利用前にファミマTカードを提示するとカード提示ポイントも付けられます。

また、他の支払方法と併用できない点にも注意が必要ですが、ファミランクやカードの日、レディースデー、今お得、若者応援ポイントなどのポイントアッププログラムもしっかりと利用することができます。

ポケットモールの利用でよりお得にポイント獲得

ポケットカードが運営するポケットモールでネットショッピングを利用するとボーナスポイントが貰える店舗があります。

特に楽天市場では1000円につき6ポイント、LOHACOやじゃらん、ニッセンでは1000円につき18ポイントが獲得できるなど大手通販サイトでもしっかりポイント獲得が狙えます。

ネットショッピングを利用する際はポケットモールから利用したいところですね。

TSUTAYA会員証の機能の追加

全店のTSUTAYAでファミマTカードにTSUTAYAのレンタルサービスを利用する機能を付帯することができます。手数料がかかりますが、ファミマTカードが発行され届く郵便物の中にTSUTAYAレンタル入会金無料クーポンが同封されているので、クーポンを利用しお得に会員になっておきたいですね。

Web明細に登録で毎月10ポイント

紙ではないWebでの利用明細に申し込むと、利用代金の請求があった月に10ポイントがプレゼントされます。Web明細を1年間利用するだけで120ポイントが貰えます。手続きはネットから簡単にできますので一度設定してみてはいかがでしょうか。

旅行にも強い!

ファミマTカードでは旅行関係の利用でもポイントが貯まったり優待を受けることができます。

旅行代金が最大8%の割引

ポケットカードトラベルセンターでパッケージツアーなどを申し込みクレジット払いにすることで3~8%の割引や優待が受けられます。

旅行代金が最大8%も割引になるということは、それだけ当初の予算からトータルの出費が安くなるということですので、より多くのアクティビティを詰め込んだり、お土産に充てたり、あるいいは旅行の時のお食事を少し豪華にすることもできるのではないでしょうか。

レンタカー基本料金の割引

トヨタレンタリース、ニッポンレンタカー、日産レンタカー、オリックスレンタカー、タイムズカーレンタルで電話予約する際に、「ポケットカード発行のクレジットカード優待」を利用する旨を伝え、クレジット払いをすると割引が受けられます。

一部地域や車種によっては割引対象外となることがありますが、基本料金から5%オフの優待が受けられます。

ゴルフ場の利用でポイント2倍

パシフィックゴルフマネージメントでカードを利用するとクレジットポイントが2倍になります。

JCBワールドサービス

世界60カ所に設置されたJCB PLAZAでJCB加盟店の予約をしたり観光などについて相談することができます。もちろん日本で対応してもらえます。

また、海外の加盟店や空港での優待ガイドもついてきます。いざという時の海外キャッシングも利用できるので海外での利用も一通り網羅されていますね。

保険について

カジュアルな印象の強いファミマTカードですが、こちらのクレジットカードにはきちんと保険も付帯しています。

紛失・盗難保険がこれにあたります。

被害があった際、ポケットカード株式会社へ届け出た日から60日(約2ヶ月)前まで、その損害が補償されます。

紛失・盗難の場合はファミマTカード紛失盗難デスクへ電話しましょう。24時間年中無休で営業しています。

よくクレジットカードのコールセンターが平日の朝9時から夜6時くらいまでしか営業していないという認識にとらわれてしまい、盗難窓口に関しても「土日や祝日はコールセンターもやっていないのではないか」ということで電話を放置してしまうというケースも見受けられますが、こちらは間違いです。

盗難や紛失に関しては、不正利用という重大な局面に繋がってしまう恐れもあるため、ファミマTカードのみならずクレジットカード会社各社では盗難紛失に関するダイヤルについてのみ、24時間365日いつでも電話が繋がるようにしていることが多いのです。

そして海外のJCB加盟店で購入した商品のショッピング保険についても、年間で最高50万円まで付いています。

保証期間は購入から90日間で、1回の事故につき1万円の自己負担となります。問い合わせはJCB海外お買い物保険事故受付デスクに連絡すればOKです。

日祝休み、午前9時~午後5時までが営業時間となります。

キャッシング機能について

キャッシングだって利用可能

ファミマTカードにもご多分に漏れずキャッシング機能が付帯しています。これにより急な出費や深夜などにお金が必要になった際にはスムーズにお金を借りることが可能となっています。

申し込み時にファミマTカード側で設定された利用枠に基づき、1万円以上から1万円単位で利用可能となっています。

利用可能枠は審査に基づき個別に設定されることになりますが、最高で150万円まで融資の枠が設けられています。

キャッシングの利用方法

CD・ATMでキャッシング

では実際にファミマTカード使ってキャッシングを受けるにはどのようにすれば良いのでしょうか。

これは提携金融機関のATM、例えばコンビニ店内のATMやゆうちょ銀行、都市銀行、主な地方銀行、主な信用金庫、クレディセゾン、エポスカードなどのCD・ATMが利用可能となっており、こちらのATMなどから実際にお金を借りることが可能です。

営業時間から行けばコンビニ店内の提携金融機関ATMが一番便利なのではないでしょうか。

また、海外でのキャッシング利用はJCBやCirrusのロゴがあるATMで行うことができます。この場合は日本ではなく現地通貨の引き出しということで対応されることになります。

またATMは都度利用手数料がかかり、キャッシングが1万円以下の場合は108円、1万円超の場合は216円かかりますので、こちらもあわせて覚えておきましょう。

ネットキャッシング

ネットからキャッシングの申し込みをすることも可能です。

平日の金融機関の営業時間内にWEBの会員専用ページからキャッシングを申し込むと最短即日、営業時間外であれば翌金融機関営業日にキャッシングが可能です。

引き落とし口座か、ファミマTカード契約者本人名義の希望口座に資金が振り込まれてきます。

ちなみに振り込み手数料はすべて無料となっています。

テレフォンキャッシング

ここまでは通常のクレジットカードのキャッシング機能と大差はありませんが、ファミマTカードについてはテレフォンキャッシングというサービスも付帯しています。

これは今を遡ること数十年前、まずインターネットが浸透していなかった時代のキャッシング方法の一つでしたが、現代でもファミマTカードに関しては利用が可能となっています。

とはいうものの申し込み自体は大変簡単で、ファミマTカードのサービスデスクに電話し、オペレーターさんに対して「キャッシングを利用したい、自分の口座にお金を振り込んでいただきたい」ということを伝えるだけとなっています。

ただしテレフォンキャッシングの場合は手続きに多少時間がかかりますので、原則として翌営業日に口座へ振り込まれることになります。時間の指定はできませんので、実際にお金が必要になる24時間程度前に申し込んでおくとちょうどよく利用することができるのではないでしょうか。

キャッシングの返済について

ファミマTカードのキャッシングの返済について解説していきます。

原則としてこちらのファミマTカードについては先程も紹介した通り、支払い方法はリボ払いに限定されています。そのためキャッシングについても支払い方法は一括ではなくリボ払いが優先されることになります。

ただし会員からの申し出によってはリボの増額支払や全額支払いにすることもできますので、資金計画上一括で払ってしまいたいという場合などはそのように申し出るようにするとスムーズです。なお、ショッピングの全額(1回)払いだと手数料がかからないという利点があります。

ショッピング、キャッシングのリボ払い最初支払い金額に関しては下記の表の通りです。

<ショッピングの最小支払金額>※公式サイト抜粋

利用残高 最小支払金額
~10万円 3000円
10万1円~15万円 4500円
15万1円~20万円 5000円
20万1円~25万円 7500円
以降、残高が5万円増す毎に最少支払金額が1500円ずつ加算される

 

<キャッシングの最少支払金額>※公式サイト抜粋

利用残高 最少支払金額
~5万円 3000円
5万1円~10万円 4000円
10万1円~15万円 6000円
15万1円~20万円 8000円
20万1円~25万円 10000円
25万円1円~40万円 12000円
以降、残高が10万円増す毎に最少支払金額が3000円ずつ加算される

まとめ

今回は流通系クレジットカードの雄とも呼ばれるファミマTカードについて紹介をしてきました。

こちらのカードは流通系で審査にも比較的通過しやすいという側面があり、そういった部分からも「安かろう悪かろう」というように見られてしまいがちですが、実はそうでもありません。

今回紹介した通りキャッシングや各種ポイントプログラムも非常に充実しており、普段使いにもってこいの1枚となっています。

国際ブランドもJCBということで、他のクレジットカードを今後持つにあたり、クレヒスを磨くにはちょうど良いクレジットカードでもありますね。

ファミリーマートユーザーはもちろん、ETC完全無料のカードを探している方は、ファミマTカードを検討してみてください。