アメックスビジネスプラチナカードのインビテーションを受け取るための条件は?

アメックスプラチナカードと同じ価値やサービスを持ち、法人向けの機能が付帯された「アメックスビジネスプラチナカード」。一流の経営者やビジネスマンがこのカードを使いこなしているという印象を持っている人も多いでしょう。

実際にこのカードを持つことで得られるメリットはどんな所にあるのでしょう?法人向けに追加された機能も、なかなか知られてはいません。

このカードホルダーに会うことも少なく、どのような条件をクリアすればカードが取得できるのかも、一般的にはあまり知られていません。

今回は他の数ある解説サイトの先陣を切り、謎のベールに包まれたアメックスビジネスプラチナカードの秘密に迫ります!

アメックスビジネスプラチナカードとはどんなカードなのか

年会費130,000円+税!法人カードとして最上級のカード

アメックスビジネスプラチナカードは一言で言うと「法人カードの王」とも言うべき最上級のクレジットカードです。

あの天下御免のブラックカードの元祖でもあるアメックスが発行している法人カードの中では最上級に位置づけられ、他の会社が発行している法人カードの追随を一切許さない様な堂々たるステイタスを誇ります。

年会費も堂々の年130,000円プラス税となっており、この値段もまた、世のエグゼクティブを虜にしているのです。

会社経営者や個人事業主が所有できる

こちらのクレジットカードはビジネスカードという種別になりますので、一般的な個人では取得が出来ません。

アメックスビジネスプラチナカードを取得できるのは会社の経営者(法人の代表者)もしくは個人事業主に限定されていますので、必然的にこのカードの保有者は全員「社長」または社長と距離の近い従業員ということになります。

人気の理由は24時間対応の「プラチナ・セクレタリー・サービス」

普段からシビアな金銭感覚を持ち無駄なコストを削減する天才でもある敏腕経営者たちが、ここまで高額な年会費を払ってまでこちらのカードを取得したがるのには、単にステイタスや限度額だけが理由では無いようです。では、一体他にどの様な理由があって絶大な人気を誇るのでしょうか?

実はこのカードには所有者専用のサービスとして「プラチナ・セクレタリー・サービス」というものが用意されています。このデスクは文字通りカード所有者専用のセクレタリー、つまり秘書とも言うべき専任担当者が24時間365日、カード所有者であるエグゼクティブ達からの電話に備えて待機していて、様々な要望に柔軟かつ完璧に対応してくれることになっています。

その内容たるや通常のサービスデスクとは桁違いとなっており、

  • 深夜に電話して「今から都内で飲める落ち着いたバーを見つけて予約しておいてほしい。相手が芸能人なので、個室でよろしく」
  • 「いま打ち合わせをした取引先の重役の娘さんがオペラを観に行きたいそうなので、チケットをおさえてすぐに発送しておいて欲しい」
  • 「ちょっと身体の調子が悪いんだけど、病院に行っている時間までは無いからある程度専門家に話を聞いてもらって病院に行く必要があるかどうかだけでも相談したいんだけど」

など、様々な要望にも即座に対応し、決してNOとは言わないというのがモットーという話です。

また、経営者ともなるとビジネスに常に全力な分、遊びの規模も桁違いです。

突然他の社長仲間から「良いカフェを見つけたから遊びに行こう」と言われて会ってみたらいきなりフランスのカフェまで連れて行かれたというエピソードや、仕事終わりに「今から沖縄に行きましょう」と突拍子もなく誘われるケース、もしくは男性の経営者の集まりになると「今から一人100万円の会費でキャバクラに行きましょう!」など、そういった桁違いのアクティビティは常に日常茶飯事です。

むしろ、こういった遊びの場で経営者同士の交流が深められ、そこで初めてビジネスの深い話に繋がったり突然新規事業の話が持ち上がってトントン拍子に会社設立まで話が進んでいったり、そういった言わば化学変化が起きやすいのも特徴です。

最高の決裁権を持つ経営トップ同士が遊んでいるのですから、当然といえば当然かもしれませんね。

こういった突然のアクティビティのお誘いでもコンシェルジュデスクを使いこなせていれば、

「これから海外に行くので航空券を取っておいて。ホテルは何日くらいおさえておいて、ウェルカムドリンクを部屋にセットしておいてほしい。あと現地の情報を元にそこそこ遊べそうなプランをいくつか考えておいて!一緒に行くのは家内と、前にも紹介した●●社長ご夫妻なので、彼らの好みも考慮に入れてね」

「今他の経営者との話し合いで会社を立ち上げる事になったんだけど、海外ビジネスに強い弁護士さんを紹介してくれないかな?あと、明日にも会社立ち上げを開始するから海外のこの商品の輸出入に関する必要書類にどの様なものがあるか軽く調べて教えて欲しい」

などと、まるで自分の会社の秘書の様に指示を出し、そして的確にその指示を打ち返してくれる様にもできるのです。

秘書達は充分な教育を受けてきていますので、どれだけお互いに信頼感を持って付き合えるか、どれだけ動いてもらえるかという部分でも、人の上に立つ経営者の手腕が試されます。

通常はこれだけの秘書サービスを自社で雇用すると年間数百万円以上はコストがかかりますし教育だって自社が行う事になります。外注の秘書サービスを使ったとしてもコストは年間数十万円以上は軽く必要になってきますので、年13万円でこの秘書サービスが存分に使えるとすれば、結果としてコストパフォーマンスは非常に素晴らしいものになるのです。

プラチナカードでは当たり前の「プライオリティ・パス」も無料発行

もちろん、プラチナカードといえば「プライオリティ・パス」ですが、こちらもちゃんと付帯しています。

プライオリティ・パスは世界で約900箇所に点在する空港のラウンジが無料で利用できるサービスで、こちらは年会費無料で発行してもらう事が可能です。通常プライオリティ・パス単体で取得しようとすると年間で数万円はかかりますので、これだけでもコストパフォーマンスは最高ランクです。

プライオリティ・パスがあれば空港でちょっと疲れたという時や出発まで時間がある時にも、人で溢れ返る様なロビーにいる必要はありません。

空港にひっそりと設置されている、あの高級感溢れる空間に堂々と入っていくことが可能となっています。施設によってはファーストクラスラウンジに入ることが出来る場合もあり、ここまで来るとアルコールはもちろん軽食・ドリンクまで全て無料で楽しむことが出来るケースもあります。

大体のラウンジでは電源も使用可能ですので、ここでタブレットやスマホの充電、マックブックなどを開いてちょっとした作業をすることだって充分可能です。

これを通常の空港施設でやろうとすると何かと足りないものだらけだったり人が多すぎて集中出来なかったりで上手く行きませんが、ラウンジであれば満足の行く時間を過ごすことが可能です。

とりあえずホテルの予約時には出しておきたい一枚

ホテルの予約時には、ランクの高いホテルであるほどハイステイタスなクレジットカードを提示するとそれなりに厚遇を受けることが可能なのは何となく理解が出来そうなものですが、アメックスのビジネスプラチナカードともなってくるとホテルの対応も全然違うのだとか。

まずそもそもビジネスプラチナカードの会員には年1回「フリーステイギフト」がプレゼントされることになっており、このギフトを使えば各高級ホテルに何と無料で一泊することが可能となる特典がついてきます。

それに加えてこのカードを支払い時に提示する事は「超超超上客」であることを示す事になりますので、おのずとホテル側の対応も変化することになり、結果として「お客様、本日は通常ランクのお部屋のご予約でございましたが本日ちょうどスイートルームの空きがございましたので、お値段はそのままでそちらにアップグレードさせて頂きました」というようなラッキーが発生する確率が格段にアップします。

事実、このカードの提示によって部屋のアップグレードを行うことを公言しているホテルもありますし、そうではないホテルに関しても現場の判断でこの様な厚遇を受けられるケースも多く聞かれています。

アメックスプラチナカードとアメックスビジネスプラチナカードの違いは?

4枚までの追加カードが無料発行可能

まず、アメックスビジネスプラチナカードの場合は4枚まで本カードの分身、つまり追加カードを無料で発行することが可能です。発行することが出来るのは同ランクのプラチナカード、ゴールドカード、一般カードから選択することになり、追加発行したカードは会社の従業員に渡して利用させる事が可能です。よく映画やドラマなどで上級社員が主人公たちに向かって「大丈夫です、お金はなんとかしましょう。何せこちらは会社から予算をたっぷり渡されていますので」と言いながらカードをキラリと取り出すシーンなどがありますが、これは恐らくこの追加カードがモデルになっているものでしょう。

ちなみに最近はIT関係の企業などを中心にベンチャー企業が増えてきていることから少数精鋭で利益の高い企業が増加傾向にあります。

もし社員数が社長含め5名までの会社であれば、社長以下全員プラチナカードを持っている会社というのも充分に実現可能です。こんな会社に接待された日には、もうどんな会社でも「あそこの会社は社員全員がプラチナカードを持っていた」という話で持ち切りになるでしょうし、それだけ信用度も盤石なものにすることが可能ですね。

5枚までのETCカードが無料発行

またクレジットカードの他にETCカードも5枚まで無料発行に対応していますので、こちらも発行してもらって従業員に渡して使わせる事が可能となっています。

何かと車での移動が多い地方などでは特に重宝する特典ではないでしょうか。これがあれば従業員は立て替え払いや自前のETCを使ったがために後日煩わしい経費申請などをしなくてもすみますので、無駄な作業時間を削減することが可能です。

ビジネス・コンサルティング・サービスを利用できる

ビジネス・コンサルティングが利用できるのもこのカードの特典の1つです。

例えば何かビジネス上で疑問に思ったことや外部からの情報が欲しいと感じるとき、経営者は一種独特な孤独感を感じることが多い傾向にあります。つまり「こんなに悩んでいる事、社員にバレたくない」「他の会社に聞くとアイディアなどの情報が漏れてしまいそうで怖い」といったリスクがあることから誰にも相談が出来ず、非常に寂しさに似た感情を覚えるものです。今、この文章を読んで思い切り共感している経営者の方も多いことと思います。

そんな時に利用したいのがこのアメックスが提供するビジネス・コンサルティング・サービスです。こちらは簡単な経営相談などについて経営コンサルタントの紹介や簡単な助言を受ける事が出来る電話サービスで、経営コンサルタント自体はあの船井総合研究所、船井総研が担当しているという徹底ぶりです。

経営上の相談などは、こちらに任せているという経営者も多そうです。

四半期の管理レポート作成

事前に発行してくれる様に登録をする必要はあるものの、アメックスビジネスプラチナカードでは四半期ごとに管理レポートを送付してくれるサービスも行っています。

これは本カードや追加カードなどのクレジットカードの利用記録を全てまとめ上げ、業種別に分けた形でカード利用状況や金額、利用日、利用店舗などを細かく報告してくれる非常に貴重な資料です。

本来は税理士の指導の元である程度自社でこういった資料を集めなければなりませんが、こちらはその手間を全てアメックス側が請け負ってくれるという特典が人気を呼んでいます。

業種ごとに利用比率を出してくれるので「この四半期はちょっと出張が多かったから移動コストがかさんだな。次の四半期では出張の回数を合理化して少しスリム化を図ろう」という経営の舵取りや、「スタッフから来ている経費報告書、本当にちゃんと合ってるかな?」といったケアレスミスのチェックにも充分に活用が可能です。

税理士さんや会計士さんから経費の利用状況について書類の提出を求められた場合はこれ一枚出しておけば問題ないほどですし、先生がたも非常に楽に処理が可能となります。

福利厚生プログラム Club-Off(クラブオフ)のVIP会員として無料利用可能

企業や各種の団体が福利厚生の為に法人契約を行い、その従業員や会員にのみ利用を許可しているクラブがクラブオフです。

このクラブの会員になると様々な商品やサービスを安く手に入れる事が可能となっていたりするのですが、こちらは非常に幅広い商品やサービス、施設と提携しているため日常生活の多種多様な
シーンでこの恩恵を受けることが出来るようになっています。

アメックスビジネスプラチナカードを持っていると、このクラブオフのVIP会員としての権利も同時に付帯されることとなり、様々なメリットを実感することが可能です。

ビジネス情報サービス G-Searchの無料利用

会社経営をしているということは、日々情報戦の最前線に身を投じているというのと同じ事です。

例えば新規に取引をする候補の企業が現れた場合には「こちらの会社さんは規模がどのくらいで年商がどれだけあって、社長の経歴は創業者なのか世襲なのか、そして何より支払い能力としての与信力はどれだけ有るのだろう?」と、ざっと挙げただけでも大量の情報を仕入れる必要が出てきます。

こういった情報は通常企業情報のデータバンクである帝国データバンクなどから情報を入手するのがセオリーですが、最近はG-Searchという企業情報や新聞の過去情報、経済情報などをまとめて提供しているサービスが経営者の寵愛を受けています。

このG-Searchでさえ、アメックスビジネスカードを持っていれば無料で利用することが可能です。

全国の入札・公告情報なども調べることが出来ますので、ビジネスチャンスを逃しません。

ビジネス・セービングで特別優待価格

紙にプリンタのインク・トナー、事務用品全般からパソコンまで、オフィスを運営していると日々様々な消耗品を補充したり、または荷物の発送を手配したり、色々な場面で「発注」をかけるシーンが出てきます。

この時にもアメックスが非常に役に立ちます。

ビジネス・セービングという特典ではオフィス用品や日々の業務で利用するであろう各種サービスを割引価格で利用できるため、うまく組み合わせて利用すると年間トータルで結構な金額の経費を削減することが可能となっています。

アメックスビジネスプラチナカードの取得方法

アメックスビジネスゴールドカードを使い続けインビテーションを得る

アメックスビジネスゴールドまでは、自分から「発行して下さい!」と願い出る(=申し込みをする)事が可能となっていますが、プラチナカードになると自薦ではカードを持つことが出来ません。

申し込みはアメックス側から招待(インビテーション)が必須となっていますので、それが届けられるのをひたすら待つというのが大前提となります。

では、そのインビテーションはどうしたらもらえるのでしょうか。

まずはアメックスビジネスゴールドカードを取得し、そのカードを使い続けることが第一歩となります。基本的にはこのゴールドカードの利用状況でインビテーションの発送が決まりますので、ある意味では試験期間だと思っておくと良いでしょう。

インビテーションをもらうための利用目安は?

一概に「これだけ使ったらインビテーションが来ますよ」という基準は公開されていませんし、恐らくそういったカッチリとした規定は存在しません。

その為あくまでも目安となりますが、大まかには

  • 年間最低でも200万円以上の利用が継続して2年程度あること

というのがベースとなり、さらに

  • 毎月継続して利用をしていること(重要)
  • 事業用決済がきちんとあること
  • 他のカード・ローン含め返済遅れが一切無いこと(最重要)

といった条件も考慮されると予想されます。

また、あくまでも噂の範囲を出ませんが、アメックスのビジネスカードに関してはカードの利用実績だけではなく、また別の角度から与信調査を行っているという噂もあります。

その為、例えば一例としては帝国データバンクや東京商工リサーチなどの調査に積極的に情報提供をしたり、経済誌やFACTA、選択などの定期購読でのみ入手できる雑誌を取り寄せてみたり、そういった活動もインビテーションのトリガーになっている可能性も充分に考えられます。

あくまでも条件は公表されていないので推測するしかありませんが、このあたりがキーポイントになっているのではないでしょうか。

既にアメックスビジネスプラチナカードの会員に招待をしてもらう

実はアメックスの場合は、ビジネスプラチナカードや個人用のプラチナカード、またはセンチュリオンの所有者もアメックスに対して新規会員の推薦を行う権限を持っています。

つまり「プラチナ会員の●●だけど、この人はビジネスを頑張っていてビジネスプラチナカードが欲しいそうだよ。どうだろう、私が推薦するから審査してやってもらえないか?」

という「先輩会員からの強力なプッシュ」を受けることでインビテーションを受ける事が出来るケースもあるのです。

この場合は優待審査という形で審査が行われますので、ハードル自体は若干ですが低めになることもあるようです。審査期間自体は通常のスキームよりはある程度短縮される事が予想されますが、それでも20日程度は見ておきたいところです。

まとめ

ただでさえ日本のクレジットカード界では規格外の風格を持つアメックスですが、このアメックスビジネスプラチナカードともなればその特典やステイタスは正しく桁違いです。

アメックスビジネスプラチナカードは年会費こそ13万円と高額なものの、それを補って余りある様々な特典が、あなたのビジネスを最大限加速させてくれます。

まずはアメックスビジネスゴールドで実績を

アメックスビジネスプラチナカードを手に入れようと思った時、まずはアメックスビジネスゴールドカードを作って、しっかりと実績を作る必要があります。

私の場合は、アメックスビジネスゴールドを取得後、半年程でアメックスから電話がかかってきて、「不自由なことはありませんか?」と聞かれたので、「ゴールドを店で出すのが恥ずかしいからプラチナにしてほしい」と伝えたところ、プラチナのインビテーションを送ってくれて、アメックスビジネスプラチナカードを手に入れることができました。

実績によって期間は変わるかもしれませんが、アメックスビジネスゴールドからアメックスビジネスプラチナにグレードアップさせる難易度はそこまで高くはない印象です。

上述した通り、アメックスビジネスプラチナをすぐに作る方法はないので、まずはアメックスビジネスゴールドで実績を作ることがおすすめです。

アメックスビジネスゴールドの審査やキャンペーン・特典を解説