【今すぐお金を借りたい!】大至急で借りるための厳選カードローン

家族が入院したり車をぶつけてしまったり様々な部分で今すぐお金を借りないとやばいという状況になることは誰しも起こり得ることで、とてもストレスがかかりますよね。

その時の強い味方がカードローンです。

カードローンで今すぐお金を借りるために必要な条件は

  • 審査が早く
  • 面倒がなく
  • 複数社に申し込まない

という3点が非常に重要です。

今回はこの条件をベースに大至急でお金を借りるためのカードローンを厳選してご紹介していきます。

今すぐお金を借りるための方法

カードローンなどで今すぐお金を借りるためにはいくつかの注意点や流れについてきちんと知っておく必要があります。 お金を借りるための流れや注意点について、さらに審査の時に聞かれることについても解説します。

今すぐお金を借りるための流れ

まず、お金を借りるための流れとしてはカードローン業者にWebから申し込みを行うのが最初のステップです。

その後混み具合にもよりますがおおよそ40分から2時間程度で申し込みの確認の電話が入ります。

この時にいくつかの質問に答え案内を受けるといよいよ審査です。

そして審査の間に並行して現在の勤め先にあなたを呼び出してほしいという内容の電話が入ります。

これが在籍確認の電話です。

この時本人が直接電話に出れるか、電話に出てくれた会社の人が本人は本日外出している、またはお休みを頂いているという回答をしてくれれば在籍確認はクリアです。

審査と在籍確認が完了した後に審査結果の連絡が入ります。

この段階でおおよそいくらくらいまでお金を借りることができるかという内容が分かります。

この後はWebから手続きを行って銀行振込でお金を借りる方法と無人契約機に足を運んでその場で契約とお金の引き出しを行うパターンに分かれます。

早ければここまでの流れを全て1日で終わらせることも十分に可能です。

フローチャートにまとめると

  1. 申し込む
  2. 確認の電話
  3. 審査
  4. 在籍確認
  5. 審査結果の連絡(主に電話)
    (※この電話中に在籍確認が行われるケースもあり)
  6. 振込融資か無人契約機での契約
  7. 融資完了

となります。

なお、在籍確認は通常審査の最後の方で行われます。

大手カードローンの場合は、審査結果の連絡の電話の際に「少々お待ちくださいませ」と保留をかけられ、その間に在籍確認が完了して正式に審査通過となるケースもあります。

このケースは、もうすでに審査に通過していて「後は在籍確認さえ終わればすぐにお金を貸せる」という状況です。

今すぐお金を借りるための条件

今すぐお金を借りるためにはいくつかの条件が必要です。

本人確認書類として運転免許証または保険証などを提出することができること

50万円以上の申し込みまたは他の消費者金融などの借入と合わせて合計100万円以上の借り入れになりそうな場合は収入証明書類の用意をできていること

在籍確認がスムーズに完了できること

これらの条件がマストとなります。

今すぐお金を借りるためには、まず平日の朝1番で申し込みを行うこと、これにつきます。

さらに、在籍確認の電話がスムーズに完了するように職場の人にできれば事前にこういった電話がくるということを伝えておけると安心です。

なお在籍確認の電話は原則的に非通知でかかり、個人名を名乗るため会社名がバレるということは絶対にありません。

最近はクレジットカードの発行審査でも在籍確認の電話が入ることもありますので、こういった電話が来る=お金を借りようとしているとは必ずしも結びつきません。

クレジットカードの申し込みをしたので在籍確認の電話が来るかもしれません、くらい言っておくと良いでしょう。

審査の時に聞かれることは?

カードローンの申し込み時にはいくつか電話で質問をされることがあります。

この質問内容は普段の生活ではあまり聞かれることがないような内容であるため事前にある程度質問内容を押さえておかないとスムーズに回答ができないケースがあります。

ここではよく、カードローンの審査の時に聞かれることについてまとめました。

過去の借り入れ

過去の借り入れや現在他の会社から借りているお金については、ほぼ100%確認されます。

ここで注意したいのは、カードローン会社は申し込み時に参照した個人信用情報で既に本人の借入について完璧に把握しているという点です。

つまり借入をごまかしたりしていないか、正直に申告をしているかという部分を見ているのです。

こちらについてはごまかしても100%ばれますので、正直に申告します。

同様になぜ今回お金を借りたいのかという理由も聞き取りされることになります。

家族構成

家族構成についても、質問されるケースが多く見られます。

例えば今自宅に一緒に住んでいる人は何人でそれぞれどのような関係な人かというような質問です。

万が一返済が滞った時に本人と連絡がつかなくなると困るので、業者側も同居している人の情報は得ておきたいものです。

例えば1人暮らしだと万が一の場合は本人と連絡がつかなくなってしまう可能性が高いですが、実家で家族と同居しているような場合には実家の家族に本人への連絡をお願いすることができるなど安心材料が業者側に1つ増えることになります。

これだけで審査の合否が変動するような内容ではありませんが、こちらも出来る限り正直に答えるようにしましょう。

仕事の出勤日と休みの日

きちんと働いているかどうか、そして、安定した収入を得られているかどうかという部分を判断するために仕事の出勤日と休みの日について、電話で簡単に確認されます。

シフト制であればシフトであること、また土日祝など固定の休みがあるのであればそのようにきちんと申告します。

給料日と手取り額

毎月の返済日の設定にも関係するため給料日とその手取り額についても確認が入ります。

給料日や歩合制など変動がある場合は早い段階で伝えるようにしておきます。

会社での業務内容

現在勤務している会社でどのような仕事をしているか、あるいは会社自体がどのような事業をしている会社かという質問をされることもあります。

全国展開の大きな会社などであればこの質問はスキップされることもありますが、ほとんどの場合はきちんと勤務実態があるかどうかの確認のためこの質問がなされます。

可能であればできる限り詳細に会社ではどのような仕事をしているかということを伝えます。

保険証の種別

保険証の種別についても、確認が取られることがあります。

勤務先から発行された社会保険証であれば問題はありませんが、何らかの理由で正社員登録しているにもかかわらず国民健康保険証だったりすると追加でいくつか質問されるケースもあります。

場合によっては、会社への通勤ルートや会社建物の外観

オペレーターとのやり取りの中でオペレーターが必要だと判断した場合には会社へどのようなルートで通勤しているか、通勤時間はどのくらいか、会社建物の外観はどのような建物で何色の建物か、オフィスは何階にあるかなど本当にその会社に勤務していなければわからないような内容を問われることがあります。

これはオペレーターとのやり取りでどこか怪しいと思われている場合です。この場合もきちんと回答します。

注意点

借入を行うにあたっていくつかの注意点があります。

この注意点を守らなかったために審査に落ちてしまうというケースもありますので、気をつけるようにしたいところです。

限度額

限度額は原則的に現在の年収の1/3がマックスになります。これを総量規制と言います。

現段階で他の会社からお金を借りている場合はその金額を差し引いた金額が申込できる最大の上限額ということです。

これ以上の金額を申し込んでも一律で審査に通過できないことになりますので、申し込みの際の限度額は総量規制の範囲内で行います。

過去借り入れをごまかさない

個人信用情報で既に過去や現在の借入についてカードローン業者が把握していますので、申し込み時には借り入れをごまかさず正直に申告します。

例えば数万円から10万円程度の間違いであれば誤差の範囲として訂正することもできますが、現段階で100万円の借入があるにも関わらず一切借入はしていないと言った申告をしてしまうと、ほぼ00%その段階で審査落ちしてしまいます。

在籍確認

職場の在籍確認も重要な要素です。

例えば職場の規定で個人宛の電話については取り次ぐ事が一切できないというルールがある場合や非通知の電話を受け付けていないと在籍確認が取れないケースが多く見られます。

また、大規模な会社の場合は代表番号に電話がかかってしまうと申込者本人の部署までたどり着かないケースも見られます。

こういった場合にはオペレーターと相談の上、適切に在籍確認を取ってもらうことになります。大手カードローン業者の中には電話以外の方法で在籍確認を取ってくれるケースもありますので、事情がある場合には最初に相談するようにします。

住所の記入

申し込み時は住所の記入も注意しなければなりません。

最近は住所を省略して書く傾向にありますが、住所を省略したり間違えて書いてしまうと正確な審査ができず結果として審査落ちになってしまうケースが多々あります。

例えば A市B区C町1丁目2番地3号ABCマンション101号室 というのが正式な住所だった場合

A市B区C町1-2-3

あるいは

A市B区C町1-2-3-101

という表記でも郵便物などは届きますが、借り入れ審査の場合はそれぞれすべて別の住所として認識されるケースがほとんどです。

マンション名や棟などの記載がない場合にはその時点で申込者本人の個人信用情報にたどり着けず審査落ちというケースもありますので、きちんと住所については省略せず記入します。

すぐに借りるために必要な書類

お金を借りる前には 運転免許証 健康保険証 収入証明 などを用意しておくと申し込みや審査がスムーズに進みます。

もしこれらの書類をすぐ出せなければ、その分だけ審査や融資が遅くなるというイメージです。今すぐ、即日で借り入れをしたい場合はすぐに提出ができるよう必ず手元に用意します。

運転免許証

運転免許証は現住所と免許証の住所が1致していれば、結果的にほとんどこれ1枚で申し込みから融資実行まで完結してしまうケースすらあります。

運転免許証には免許証番号が記載されており、これが個人信用情報機関にも登録されていることから過去の借り入れや返済実績をスムーズに確認することが出来ます。

業者によっては「運転免許証を持っている場合は運転免許証を必ず御提示ください」としていることもあるほどです。

健康保険証

運転免許証が用意できない場合は健康保険証でも構いません。

ただし、正社員として登録しているにもかかわらず社会保険未加入で国民健康保険証しか持っていないという場合は、本当にその会社に勤めているかどうか判断がつきづらくなるためやや審査が厳しくなる傾向にあります。

パスポート

パスポートについても写真付きの公的身分証明書になるため運転免許証と同様の使い方が可能です。

有効期限が切れていないことパスポートに記載の住所が現住所と一致していることを確認して提出します。

補助書類

運転免許証や健康保険証、パスポートに記載されている住所と現在住んでいる住所が引っ越し直後など何らかの理由で異なる場合には補助書類と呼ばれる書類の提出が求められます。

これは公共料金の領収書などが該当し、きちんと現住所に住んでいることを証明する為の書類となります。

収入証明書類

必ずしも必要ではありませんが、原則的に50万円以下の借り入れの場合は給与明細直近2ヶ月分と直近1年分の賞与明細書などを用意しておくとよりスムーズに審査が進みます。

一般的には貸付が50万円を超える場合や他社の借り入れと合わせて100万円以上の借り入れになる場合のみ提出が求められることになりますが、審査状況によってはたとえ10万円の審査でも収入証明書類の提出を求められることがあります。

とにかくスピードを重視したい場合は最初から収入証明書類の提出を任意という形で行うのも1つの方法です。

無職だと今すぐ借りるのは難しい

カードローンの申し込み条件は原則的に安定した収入を得ていてお金の返済のアテがあることです。そのため無職だと今すぐお金を借りるのは非常に難しいです。

無職の場合は安定した収入を得ていないことから審査の対象外としているカードローン業者が大変多く、現時点で収入がない場合にはカードローン業者側も返済のアテがない以上お金の貸付をすることができません。

まずはパートやアルバイトでも構わないので、勤務先を1つ持つことが今すぐお金を借りるための第1歩となります。

Q&A

カードローンの借り入れをしたいという方から様々なご質問を頂いています。

ここではよくいただくご質問についてQ&A形式で解説していきます。

家族にばれないですぐに借りれますか?

基本的に、カードローンでお金を借りる際には家族にバレることはありません。

何故ならカードローン業者はプライバシーの保護という部分を最重要視しています。

そのため仮に何らかの事情で電話に申込者以外の家族が出てしまった場合でも、本人確認が取れるまで会社名を名乗ったり具体的な話をすることは絶対にありません。

また、郵送物についても返済などが遅れていなければ特に心配は要りません。

もし心配であれば、申し込みの時に「家族に絶対にばれたくないのですが」と相談することによって最適な方法で手続きを進めてもらうことが可能です。

学生でもすぐ借りることはできますか?

結論としては20歳以上の学生であれば、額面はあまり高くないもののすぐにお金を借りることは可能です。

むしろ、学生さんの方が個人信用情報に傷がついていないケースが多く比較的審査に通過しやすい傾向にあります。

ただし、アルバイトをしていることが絶対条件で、在籍確認が存在します。

反対にきちんとお給料をいただいていて在籍確認を取ることができる職場があれば、学生でも借り入れは可能ということです。

最近は学生さんでも会社を起こして学生ベンチャーなどをされているケースがありますが、会社の経営に役員などという形で携わっている学生さんは要注意です。

取締役や社長という肩書きがあると一般的にアルバイトをしている学生という区分ではなく経営者や事業主といった形で審査されることになりますので9割方審査に通りません。

高額の借入をしたいのですが、すぐ借りれますか?

明らかに100万円を超えるような金額については、申込者の属性や収入にもよりますがほとんど不可能です。

ただし、50万円から100万円までは即日で借りられる可能性があります。おおよそ100万円を1つのボーダーとして見ておくと良いでしょう。

また1つの会社から100万円を借りられるというケースはあまり多くはありません。

ほとんどのケースでは50万×2社か、50万円+30万円+20万円または50万円+30万円+10万円+10万円の組み合わせとなります。